お風呂の水漏れで厄介なのが床下です。
床下から水が漏れていると、お風呂だけでなく床全体も修理しなければいけなくなります。
重大なトラブルになってしまう前に、水漏れを発見したら早急にプロに相談しましょう。

ここではお風呂の水漏れ原因や自分でできる対処法を解説しています。
万が一のときに備えてしっかり確認しておきましょう。

風呂場の床下にまで水漏れしてしまう原因

水漏れはさまざまな場所で起こります。
ここでは風呂場の床下にまで水漏れしてしまう原因について解説します。

水漏れが起こる場所

ひと口に風呂場の水漏れと言っても場所はさまざまです。
一般的に多いのは「蛇口」「水栓」「シャワーヘッド」「シャワーホース」「給湯器」などが挙げられます。
それぞれの原因は後述しますが、同じ風呂場の水漏れでも場所によって原因や対処法が違うので注意してください。

各箇所の水漏れ原因

風呂場の水漏れでもっとも多い場所が「蛇口」「水栓」です。
給水管と繋がっており、一部でも劣化・裂傷してしまうと水漏れが発生します。
メーカーによってはいろんな部品が収束していますから、水が漏れているとわかったらまずどの部分が原因なのか探りましょう。

「シャワーヘッド」「シャワーホース」の水漏れ原因は、残留水や緩みなどが主に挙げられます。
この部分は構造上水が溜まりやすいのですが、漏れないように造られているためそう簡単に水漏れが起こるわけではありません。
しかし経年劣化や裂傷で水が漏れやすくなるので要注意です。
必然的に漏れ出す場合は業者に点検してもらいましょう。

「給湯器」の水漏れも昨今増えている原因です。
主な原因は、劣化・裂傷・接続部の緩みなどが挙げられます。
またパッキンなど内部パーツの劣化や安全弁の故障もありますから、長年使用している場合は気をつけてください。

他にも浴槽や換気扇などの水漏れもあります。

自分でもできる水漏れ対処法

軽度の水漏れであれば自分でも対処することができます。
ここでは簡単にできる対処法について解説します。

まず、どの箇所から水が漏れているか特定しましょう。
原因が判明している場合や部品やパーツが入手できる場合も自分で対処できます。
これらに当てはまらない方は無理に修復しないようにしてください。
故障の原因になります。
また水漏れ箇所が特定している、原因がわかっている場合でも修理の自信がない方はおすすめしません。

やり方は「締める」だけ。
使わないことも自分でできる対処法です。
締めるときに気をつけてほしいのは“締めすぎない”こと。
圧がかかり破裂の危険性があります。

床下の水漏れは危険?プロに相談するのが確実です

特に注意したいのは床下の水漏れです。
床まで影響している水漏れは厄介ですので、必ずプロに相談しましょう。

なぜプロに相談したほうが良いのかというと、安易に自分で直そうとすると故障の原因になるからです。
水漏れは、軽度であれば自分で直せる場合があります。
しかし床下の水漏れのように症状がひどい場合は悪化させてしまうのでプロに相談したほうが賢明です。
床の修復から行う必要があるため、自分で対処することは不可能と考えておいてください。

ちなみに、床下の水漏れをそのままにしておくとカビやシロアリの被害が起こるだけでなく、腐食で床すべてを取り換えなければいけなくなります。
特にマンションの場合は下の階にまで影響を及ぼしますから、必ずプロに相談し早急に直してもらいましょう。

風呂場は水漏れしやすい?

水回りの中でも特に風呂場は水漏れしやすいと場所です。
そのままにしておくと重大なトラブルを招いてしまう恐れもありますから、万が一のときに備えて原因や対処法を知っておきましょう。
また「東京水道センター」のように、スピーディーに対応してくれる業者を見つけておくのもおすすめです。
緊急時にはすぐに対応してくれるので助かります。

タイトルとURLをコピーしました