「賃貸物件のトイレが故障した場合の対処法がわからない」「修理費用は、貸主と借主のどちらが支払うのか」という悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで本記事では、賃貸物件のトイレが故障した場合の対処法とあわせて、修理費用は誰が負担するのかという疑問にお答えします賃貸物件のトイレが壊れてもスムーズに対応できるように、ぜひご覧ください。

賃貸物件のトイレが故障した場合の対処法

賃貸物件のトイレが故障した際は、以下で紹介する対処法を講じましょう。

トイレの故障の状態を確認して応急処置を試みる

トイレに異常を感じたら、まずはトイレ内の全体を確認します。
そのうえで、「どのようなトラブルが発生しているのか」「壊れている箇所や、水漏れを起こしている箇所はどこか」などを明確にしましょう。

もし、部品の劣化や破損によって水漏れが起きている場合は、テープで水漏れを塞いだり、止水栓を閉めたりするといった、応急処置をしてください。

契約書を確認する

トイレの故障の状態を確認したのち、応急処置をしたら、賃貸物件に入居した際の契約書を確認しましょう。
書面には、トイレをはじめとした設備の詳細だけではなく、トラブルが起きた際の連絡先や、修理費用を誰が負担するのかといった情報が記載されています。

このように契約書には重要な情報が多く記載されているため、普段から目に付く場所にしまいましょう。

管理会社に連絡する

契約書に記載されている事項を確認したら、管理会社に連絡をして、トイレが故障した旨を伝えます。
管理会社が状況をすぐに理解できるように、トイレが故障した日時や、原因などを細かく伝えましょう。

また、管理会社をとおさずに個人で修理会社に連絡をすると、管理会社・貸主・借主の三者でトラブルが発生する可能性があるため注意してください。

賃貸物件のトイレが故障した場合において修理費用は誰が負担するのか

賃貸物件において、故障したトイレの修理費用は、貸主と借主の両方が支払う可能性があります。

貸主ならびに借主が修理費用を負担するケースは以下のとおりです。

貸主が修理費用を負担するケース

借主がトイレを正しく使用しており「故障の原因が借主にない」と判断された場合は、貸主が修理費用を負担します。
また、トイレの老朽化にともない部品が欠損した場合や、自然災害によってトイレが故障した場合においても、基本的に借主が修理費用を負担することはありません。

借主が修理費用を負担するケース

一方で、「トイレが故障した原因が借主にある」と判断された場合は、修理費用は借主が支払わなければなりません。
たとえば、意図的に便座を破壊した場合や、誤った方法でトイレを使ったことで水漏れが起きた場合などは、修理費用は借主が負担します。

ただし、トイレの故障の原因が借主にある場合でも、契約の内容によっては、貸主との折半になることもあるため、契約書を確認しましょう。

賃貸物件のトイレの修理の流れ

賃貸物件のトイレの修理を業者に依頼する際の流れは、貸主と借主のどちらが修理を依頼するかによって異なります。

具体的な流れは以下のとおりです。

貸主が修理を依頼する場合

貸主が修理費用を負担する場合は、基本的には修理業者の手配も貸主が対応します。
そのため、借主が修理業者を探したり、連絡をしたりする必要はありません。

まだ、トイレの故障を早く修理したいと思うあまり、貸主や管理会社に相談する前に修理業者に修理を依頼すると、トラブルに発展する可能性もあるため注意しましょう。

借主が修理を依頼する場合

借主が修理費用を負担する場合は、借主の自己判断で業者を選び、修理を依頼しなければなりません。
ただし、故障の程度が軽く、部品を交換するだけで修理できる場合は、ホームセンターなどで販売されている部品を購入して、取り換えることも可能です。

ただし、修理に不慣れな方がトイレの故障を修理すると、設備や部品を壊してしまうこともあります。
修理を安く済ませようとした結果、かえって状況が悪化する、あるいは修理費用が高額になる可能性もあるので、専門業者に修理を依頼することをおすすめします。

トイレの修理にかかる費用の相場

トイレの修理にかかる費用の相場は、修理の方法や故障の内容によって異なります。
故障のなかでも、特に多いトラブルは「つまり」と「水漏れ」です。

これらのトラブルを修理する方法、ならびに修理にかかる費用の相場は以下のとおりです。

トイレのつまりを解消する場合における修理にかかる費用

修理の方法  修理にかかる費用 
軽度のつまりの解消  1万~2万円程度 
専用機器を使う配管内の洗浄  2万円程度 
高圧洗浄機を使う配管内の洗浄  4万円程度 

トイレの水漏れを解消する場合における修理にかかる費用

修理の方法  修理にかかる費用 
パッキンや部品の交換  1万~2万円程度 
便器の交換  5万円程度 
ウォシュレットの交換  3万円程度 

賃貸物件におけるトイレの修理費用は貸主と借主のどちらかが支払う

いかがでしたでしょうか。

賃貸物件のトイレが故障した場合は、トイレの状態を確認してから応急処置を施します。
そのうえで、管理会社にトイレが故障した旨を伝え、業者に修理を依頼しましょう。

賃貸物件におけるトイレの修理費用は、貸主と借主の両方が支払う可能性があります。
経年劣化や自然災害など、トイレが故障した原因が借主にない場合は貸主が、誤った使い方によって故障した場合は、借主が費用を負担ならびに業者を手配しなければなりません。

東京水道センターでは水回りのトラブル修理を行っています。
土日祝日も24時間対応しているので、トイレのトラブルや故障の修理は東京水道センターへぜひお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました