トイレの水漏れ問題|賃貸の場合の修理費用の負担者について

「賃貸物件のトイレの水漏れは誰が修理費用を負担するのか」こうした疑問を抱えている方は非常に多いです。
借りているとはいえ入居し実際に使用している借主が支払うのか、それとも貸している側である貸主が支払うのかと悩む方が多い一方で、線引きが曖昧であることも多く、トラブルに陥ることも少なくありません。
そこで、今回は賃貸物件のトイレの水漏れが発生した場合の「修理費用の負担者」について、詳しく解説します。

賃貸物件のトイレ修理費用の負担者はケースにより異なる

結論からいうと、賃貸物件のトイレの修理費用はケースによって負担者が異なります。そのため、「誰が修理費用を負担するのか」を一概には言えないのが現状なのです。
例えば、「契約内容」「水漏れ原因」などによって、負担者が変わるのはもちろんのこと、「契約した保険の内容」によっても費用の負担者が異なります。
とはいえ、「貸主が負担する場合が多いケース」「借主が負担する場合が多いケース」はそれぞれ存在しますので、次項からの内容を参考にしてみてください。

賃貸物件のトイレの修理費用が貸主負担となるケース

賃貸物件のトイレの修理費用が貸主負担となるケースは、「借主に過失がないケース」です。
「部品の経年劣化による水漏れ」「設置不備や施工不良による水漏れ」など、借主の過失による水漏れではない場合は、トイレの修理費用が貸主負担となることが多いといえます。
水漏れの状況によっては大掛かりなリフォームが必要になる場合もありますが、施工で発生する費用も貸主に負担してもらえることがほとんどです。

賃貸物件のトイレの修理費用が借主負担となるケース

賃貸物件のトイレの修理費用が借主負担となるケースは、「借主の過失による水漏れの場合」です。
例えば「借主がうっかり便器にぶつかって水漏れを引き起こした」「イライラしてつい物をトイレにぶつけて水漏れを引き起こした」など、借主の過失が明確である場合は、ご自身がトイレの修理費用を負担しなければなりません。
また、万が一大規模な修理が必要となった場合であっても、全額借主が負担しなければならないケースもあります。

賃貸物件のトイレの修理方法

賃貸物件のトイレの修理を行う場合、どのような流れで修理を進めていけば良いのでしょうか。
ここからは、「貸主負担の場合」「借主負担の場合」で、トイレの修理の流れを解説します。

貸主負担の場合

トイレの水漏れを発見したら、すぐに「管理会社(もしくは不動産会社)」に連絡するか、貸主に直接相談しましょう。
貸主負担でトイレを修理する場合は、貸主が直接修理業者を手配します。借主が自己判断で業者に依頼するとトラブルになってしまうことがありますので、必ず貸主から手配してもらってください。

借主負担の場合

借主負担でトイレを修理する場合は、専門業者に自分で連絡し、修理依頼をしましょう。もしくは、自分で部品を準備して水漏れを解決するといった方法もあります。
とはいえ、作業に不慣れな方が自己流でトイレの水漏れを直そうとすると、設備や部品を壊してしまう可能性がありますので、最初から専門業者に相談することをおすすめします。

賃貸物件のトイレが水漏れしたら「誰が費用を負担するのか」を明確に

賃貸物件のトイレが水漏れしたら、「誰が費用を負担するのか」を明確にしたうえで、対処しなければなりません。
「とりあえず自分が立て替えておこう」「後で修理費用を請求しよう」など、自己判断で対処してしまうと、借主とトラブルになってしまうことがあります。
賃貸物件のトイレが水漏れしたら、勝手に対処せず、必ず貸主に連絡して、費用の負担者を明確にしましょう。

タイトルとURLをコピーしました