洗面台のポタポタ水漏れの原因と修理方法をご紹介

「洗面台の蛇口からポタポタ水漏れしているけどどうしてだろう?」と感じていませんか。しっかり閉めたはずの蛇口から水が漏れていると気になりますよね。お困りの方のために、洗面台の蛇口から水が漏れる原因と具体的な対処法を解説いたします。以下の情報を参考にすれば、洗面台の水漏れにどのように対処すればよいかわかるはずです。

洗面台の蛇口からポタポタ水漏れする原因

洗面台の蛇口からポタポタ水漏れしている場合、蛇口に関連するトラブルが考えられます。代表的な蛇口ごとに原因を解説します。

シングルレバー混合水栓

シングルレバー混合水栓は、ひとつのレバーで水の量や温度を調整できる水栓です。蛇口から水漏れする場合は、内部に取り付けられたバルブカートリッジの劣化や破損が疑われます。バルブカートリッジは、水温を調整する部品です。

2ハンドル混合水栓

2ハンドル混合水栓は、湯と水のハンドルで水の量や温度を調整する水栓です。蛇口から水漏れする場合は、パッキンの経年劣化が疑われます。パッキンの摩耗や変形により、水漏れが生じます。

サーモスタット混合水栓

サーモスタット混合水栓は、湯水の量を自動で調整して設定した温度の水またはお湯を供給する水栓です。水漏れする箇所で原因は異なります。例えば、温度調整ハンドル付近から水漏れする場合は、サーモスタットカートリッジの劣化や破損が疑われます。サーモスタットカートリッジは、湯水の量を自動で調整するバルブです。

単水栓(横水栓)

単水栓は、水またはお湯しか出ない水栓です。単水栓で吐水口が動かないものを横水栓といいます。水漏れする場合は、パッキンの劣化が疑われます。

蛇口からポタポタ水漏れする場合の修理方法

続いて、蛇口からポタポタ水漏れする場合の修理方法を紹介します。修理するときは、最初に止水栓を閉めてください。

シングルレバー混合水栓の修理方法

吐水口やレバー付近から水漏れする場合は、バルブカートリッジの劣化が疑われます。バルブカートリッジの交換方法は次の通りです。

1. ネジを外してレバーを引き抜く
2. レバーの下についている部品(ナット)を外す
3. バルブカートリッジを交換する
4. 元の状態に戻す
5. 止水栓を開けて水漏れが直っていることを確認する

2ハンドル混合水栓の修理方法

ハンドル付近から水漏れしている場合は、パッキンの劣化が疑われます。パッキンの交換方法は次の通りです。

1. ハンドルのキャップを外す
2. ハンドル内部のネジを外してハンドルを引き抜く
3. ハンドルの下についている部品(カバーナット)を外す
4. パッキンを交換する
5. 元の状態に戻す
6. 止水栓を開けて水漏れが直っていることを確認する

単水栓の修理方法

ハンドル付近から水漏れしている場合は、パッキンの劣化が疑われます。パッキンの交換方法は次の通りです。

1. ハンドルのビスを外す
2. ハンドルを外す
3. ハンドルの下についている部品(ナット)を外す
4. パッキンを交換する
5. 元の状態に戻す
6. 止水栓を開けて水漏れが直っていることを確認する

サーモスタット混合水栓

サーモスタット混合水栓は、部品の入手が難しいうえ、内部の構造も複雑なので、修理業者へ相談することをおすすめします。自分で直そうとすると、状態を悪化させて修理できなくなることがあります。無理をせず修理業者へ相談しましょう。

洗面台からポタポタ水漏れするときは修理業者へ相談が安心

洗面台の蛇口からポタポタ水漏れするときの対処法を解説しました。ただし、水漏れの原因は様々なので、紹介した方法が有効ではないことも考えられます。自分で直したい場合は、原因を確かめてから修理に取り掛かりましょう。自分で修理できない、あるいは原因を確かめられない方は、修理業者に相談してみてはいかがでしょうか。安全かつ確実に、洗面台の水漏れを直すことができます。

タイトルとURLをコピーしました