洗面台の水漏れ原因と修理方法について解説

洗面台から水漏れが発生してしまった場合、放置すると周辺が水浸しになってしまうことがあるので、修理を検討しましょう。何が原因で水漏れしてしまうのか、どのように修理すれば良いのかについて解説します。
また、プロに依頼した場合にどれくらいの費用がかかるのかについてもご紹介するので、参考にしてみてください。

洗面台で修理が必要になる水漏れの原因

洗面台から水漏れが発生している場合に疑われる原因として、代表的なものは以下の4つです。

シャワーホースの劣化

シャワーホースがあるタイプの洗面台の場合、シャワーホースが劣化した場合にヘッドとホースの間から水が漏れてしまうことがあります。これがホースを伝って洗面器の収納部内で水漏れにつながってしまうことがあるので、1度ヘッドとホースの間が劣化していないか確認してみましょう。

接合部分にゆるみが発生している

接合部分に設置されているパッキンやナットがゆるんでいるためにトラブルが発生することがあります。こちらも確認してみましょう。

排水ホースのズレ

洗面台の下にある収納扉を開け、排水ホースがズレていないか確認してください。何か収納部に物を入れた際に誤って排水ホースにぶつかってしまい、外れたりズレたりすることがあります。

ゴミなどがつまっている

洗面台を使用する際に細かいゴミや髪の毛などが流れてしまい、それが原因でつまって水漏れが起こることがあります。大きなものを流してしまったなど、思い当たることがある場合はこちらの原因を疑ってみましょう。

洗面台の水漏れの修理方法

修理をする際には、まずは前述した原因のうち、どれが当てはまるのか考えてみてください。劣化している部品などがあれば、修理でそれを交換しなければ状態は良くなりません。パッキンやナットやナットがゆるんでいる程度であれば、締め直すだけで状態は改善するでしょう。

排水管や排水パイプがつまっている場合、自分では修理できないケースが多いです。パイプを分解したり、業務用の高圧洗浄機を使わなければつまりを解消するのが難しかったりするためです。無理に自分で修理をして壊してしまうと大変なので、専門業者に修理を依頼しましょう。

業者に修理を依頼する場合の相場と注意点

専門業者に修理を依頼する場合、どれくらいの費用がかかるのかは状況によって異なりますが、相場としては7,000円~20,000円程度となっています。蛇口の交換や洗面化粧台脱着作業が含まれる場合は大掛かりな作業になるため、修理料金が20,000円を超えることがあります。
一方で、シングルレバーのレバー部分の交換や断熱キャップの交換、逆止弁交換などで済む場合は10,000円以下の修理料金となることも多いです。

なお、基本料金(修理料金)のほかに部品代金がかかり、場合によっては廃材引き取り料も発生するので、総合的な費用についてよく確認しておきましょう。料金がわかりにくい業者は避けておいた方が安心できます。

専門業者に依頼する場合、業者選びに注意が必要です。必ず水道法によって定められた形で適正に給水装置工事ができると認められている「指定給水装置工事事業者」を選んでください。
各地域の自治体が運営しているホームページなどで許可を得ている業者一覧を確認することができます。

難しい作業はプロに依頼を

簡単なトラブルであればホームセンターなどで部品を購入して自分で対応することが可能です。ですが、なぜ洗面台から水漏れしているのか原因がわからなかったり、難しい作業が必要になったりする場合は素人では対応できない可能性が高いので、専門業者に修理を依頼しましょう。

タイトルとURLをコピーしました