洗面台のタンクからの水漏れの原因とその対処方法

洗面台下部にある収納部分から水漏れが発生すると慌ててしまいますが、水受けタンクに原因が隠れているケースがあります。そこで、どのようなトラブルがあるのか、自分で対応するにはどうすれば良いのかについてご紹介しましょう。
慌てずに一つずつ確認し、対応してみてください。

洗面台のタンクから水漏れする原因とは

洗面台にシャワーホースがついている場合、シャワーを使用した際にホースを伝って水が流れていきます。その水が洗面台下部にある水受けタンクに溜まるとによって水漏れを防ぐのですが、ここに何かトラブルが発生すると水漏れが起こることがあります。

通常タンクに水が溜まったとしても、1回洗面台を使用する際に溜まる水の量はそれほど多くないので、時間の経過とともに自然乾燥します。自然乾燥することなく水漏れが発生するほど水が溜まってしまう原因として挙げられるのが、間違ったシャワーの使用方法と、部品の劣化です。

例えば、洗面台を掃除する際にシャワーを使ってシャワースタンドの開口部に水をかけていないでしょうか。通常より多くの水が溜まってしまうため、自然乾燥が間に合わず、漏れてしまうことがあります。

それから、シャワーホースやシャワーヘッドなどに劣化が発生していて、部品のつなぎ目などから水漏れが発生している場合も多いです。こちらも通常以上に水が溜まりやすくなります。

水受けタンク以外の故障もチェック

シャワーの使い方が間違っていたり、シャワーホースやシャワーヘッドが劣化していたりする以外の原因としては、排水溝のつまりも挙げられます。掃除をせずに汚れが溜まった場合には排水口がつまりやすくなるので注意してください。

つまりがひどい場合は専門業者に修理してもらわなければ対応できないことがあるので、見積もりから依頼しましょう。

水漏れトラブルの対処方法

ホースのどこかから水漏れが発生しているような場合は、ホームセンターなどでも購入できる融着テープと呼ばれるアイテムを使うことにより応急処置が可能です。応急処置ではなく、きちんと処理したいということであれば、ホースやパッキンを交換する必要があります。

まず、止水栓を閉めてから下部の水受けタンクを外して中の水を捨てましょう。
配管側の接続部分のホースをモンキーレンチなどで外し、ホース内に溜まっている水も抜きます。ホースとヘッドに分解したら問題があるパーツを新しいものに交換し、元に戻しましょう。

実際に水を流してみて水漏れがなくなれば完了です。ただ、蛇口自体が古く、ここから水が漏れているようなケースではなかなか自分で対応することはできません。自分で入手するのが困難な部品を用意しなければならないこともありますし、思わぬ破損などを避けるためにも専門業者に相談してみましょう。

修理せずにタンクに水が溜まるたびに捨てるという選択肢もありますが、長期間水を捨て忘れた場合に再度水漏れトラブルにつながってしまうことがあるので、おすすめはできません。

洗面台を快適に使うために

シャワーヘッドの使い方を間違えていて直接シャワースタンドの開口部に水をかけてしまうような使い方をしている場合は、それを見直してみてください。その他の原因でタンク内に水が溜まっている場合、原因をつきとめて修理することをおすすめします。
定期的に水を抜いていても忘れたタイミングで水漏れしてしまい、床などに被害が広がると大変です。アパートなどの場合は下の階の方に迷惑をかけてしまう可能性もあるので、注意しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました