お風呂場のつまりの原因と解消法を解説

「お風呂場でつまりが発生して困っている」ということはありませんか。つまりが発生すると、お湯やお水を流せないので困りますよね。お困りの方のために、お風呂場がつまる原因とその解決方法、さらには予防法を解説いたします。以下の情報を参考にすれば、トラブルをスムーズに解決できるはずです。

お風呂場のつまりの原因と解消法

お風呂場のつまりはどのような原因で引き起こされるのでしょうか。自分でできる解消法とあわせて解説します。

お風呂場でつまりが生じる原因

お風呂場のつまりは、排水トラップまたは排水管のどこかに異物がつまる、あるいはこびりつくことで生じます。つまりを引き起こす異物として、以下のものが挙げられます。

・髪の毛
・玩具やシャンプーのキャップなどの異物
・皮脂や垢
・石鹸やシャンプー

お風呂場でつまりが生じた場合は、これらを取り除かなければなりません。

お風呂場のつまりを自分で解消する方法

排水トラップ内でつまりが生じている場合

お風呂場のつまりは、自分で解消できるケースがあります。排水トラップ内(主に洗い場側)でつまりが生じている場合は以下の方法を試すとよいでしょう。

1. ヘアキャッチャー・排水筒・排水ピース(装着されている部品)を外す
2. 使用済みの歯ブラシなどを用いて、ヘアキャッチャー・排水筒・排水ピース・排水トラップ内の汚れを取り除く
3. 割箸などを用いて排水トラップ内部にたまった髪の毛などを取り除く

排水管でつまりが生じている場合

排水トラップを清掃してもつまりが解消しない場合は、排水管でつまりが生じている可能性があります。排水管のつまりはいくつかの方法で解消できますが、ここではどこの家庭にもある針金ハンガーを使う方法を紹介します。

1. 針金ハンガーをまっすぐ伸ばす
2. ヘアキャッチャー・排水筒・排水ピースを外す
3. 排水口から1の針金ハンガーを挿入する
4. 排水管内の汚れをそぎ落とすように奥へと進める

以上のほかでは、ラバーカップ(スッポン)、重曹、クエン酸なども有効な解消法となりえます。

つまりを解消できないときは業者に相談

自分でつまりを解消できないときは、水道修理業者に相談しましょう。玩具など、固形の異物がつまっているときも同様です。自分で対処すると、固形の異物を奥へ追いやって症状を悪化させてしまうかもしれません。また、水が流れたからといって固形の異物をそのままにしておくこともおすすめできません。時間の経過とともに、つまりが悪化する恐れがあります。少しでも不安があるときは、水道修理業者へ相談しましょう。

お風呂場のつまりを予防する方法

お風呂場のつまりが解消した方は、つまりの予防に努めることが重要です。お風呂場のつまりは、以下の方法で予防できます。

・定期的に排水トラップを掃除する
・定期的に市販のパイプクリーナーを使う
・ヘアキャッチャーにネットをかぶせて髪の毛やゴミが流れないようにする

以上を心がけるだけで、お風呂場はつまりづらくなります。日々のお掃除にひと手間を加えてみてはいかがでしょうか。

お風呂場のつまりを解消できないときは水道修理業者に相談

お風呂場のつまりは、排水トラップまたは排水管のどこかに髪の毛や玩具などがつまる、あるいはこびりつくことで生じます。排水トラップや排水管の清掃で解消できることはありますが、すべてのつまりを自分で解決できるわけではありません。無理をすると、症状を悪化させてしまう恐れがあるので注意しましょう。自分で解消できない場合は、水道修理業者に依頼できます。安全かつ確実につまりを直したい方は、水道修理業者に相談するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました