お風呂場のつまりの対応を業者に依頼する場合の費用や流れ

お風呂場のつまりを業者に直してもらいたいと考えているものの、費用や作業の流れがわからず困っていませんか。これらがわからないと、高額な費用を請求されたらどうしよう、お風呂場を使えなくなったらどうしようなどと考えてしまいますよね。お困りの方のために、修理費用の目安と作業の流れを解説します。検討材料にしてください。

お風呂場のつまり解消を業者に依頼する場合の費用相場

お風呂場のつまりを業者に直してもらった場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

修理費用はケースで大きく異なる

お風呂場のつまり解消にかかる費用は、ケースで大きく異なります。お風呂場のつまりは、さまざまな原因で引き起こされるからです。一般的な作業内容であれば、5,000~40,000円程度におさまることが多いといわれています。具体的な金額は、見積もりを取って調べる必要があります。

つまりまでの距離が長いと高額になる

お風呂場のつまりは、高圧洗浄機やトーラーと呼ばれる業務用の道具などを用いて解消します。これらの料金は、つまりまでの距離で変動することが多いようです。したがって、つまりまでの距離が長いと料金は高くなります。高圧洗浄機とトーラーの料金を比べると、高圧洗浄機のほうがやや高いとされています。

お風呂場のつまり解消で業者が行う作業

業者は、以下の流れでお風呂場のつまりを解消します。

1. つまりが発生している場所の確認
2. つまりの原因を取り除く
3. 排水管の洗浄

例えば、排水枡(生活排水を一時的にためておく場所)がつまっている場合は、高圧洗浄機を用いてつまりを解消します。排水枡は地中に埋まっていますが、業務用の高圧洗浄器であればつまりを解消することができます。

作業の流れ、作業の内容もケースで異なります。具体的な流れや作業の内容は、見積もりをとるときに確認してください。

業者に依頼するメリットと注意点

お風呂のつまりは自分で直せることもあります。業者に依頼するメリットはあるのでしょうか。業者を選ぶときの注意点とあわせて解説します。

業者に依頼するメリット:安全かつ確実につまりを解消できる

業者に依頼する最も大きなメリットは、安全かつ確実につまりを解消できることです。つまりの原因によっては自分で解消することもできますが、対応を誤ると症状をひどくしてしまいます。例えば、固形の異物を排水管の奥へ押しやって、つまりの解消が難しくなるなどが考えられます。また、つまりの原因によっては、個人で対応できないケースもあります。自分で作業することに不安を感じる場合やつまりの原因がわからない場合は、業者に依頼するほうが安全かつ確実です。

業者選びの注意点

お風呂場のつまり解消を依頼する業者は、料金だけで選ばないようにしましょう。格安を掲げている業者の中には、基本料が安いだけで作業料や出張料をプラスすると割高になるところがあります。まずは見積もりをとって、総額を確認することが重要です。

業者の中には、見積もりを出す前に作業を始めて高額な料金を請求するところもあります。見積もり前に作業を始めそうになった場合は、料金と作業内容を確認しましょう。いずれにせよ、作業前に見積もりをとっておけば、トラブルを防ぎやすいといえます。複数の業者から見積もりをとって、信頼できるところを選びましょう。

お風呂場のつまり解消は業者に依頼すると確実に直せる

お風呂場のつまりは個人で直すこともできますが、無理をすると症状を悪化させてしまいます。また、つまりの原因によっては、個人で直せないケースもあります。少しでも不安を感じる方は、業者に依頼しましょう。修理費用はケースで大きく異なります。高額になることもあるので、事前に見積もりを取っておくと安心です。見積もりをとることで、悪質な業者を遠ざけることもできます。以上を参考に、お風呂場のつまり解消を目指してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました