賃貸物件でキッチンの床が水漏れした時の対処法

住宅の水漏れの原因は、老朽化のように自然発生的に現れるものから、施工不良など人的ミスまでさまざまです。

ここでは、キッチンの床で水漏れをしてしまう原因について詳しく紹介し、賃貸で同様のトラブルが起きた際の対応策や修理にかかる費用・支払いについて解説します。

キッチンの床に水漏れする原因とは何か

キッチンの床が水漏れに遭う原因について詳しくみていきましょう。

排水管のつまり

排水管が何らかの原因でつまっていると、水が正しく排出されず逆流し水漏れを起こします。場合によっては水が逆流したときの圧力で排水パイプが抜けるなど、大規模なトラブルに発展することもあります。

排水管のつまりを解消したうえで破損箇所を修理しなければなりませんが、自力で直すのは非常に難しく、さらなる破損に繋がるおそれもあるため業者に連絡しましょう。

排水管の繋ぎ目の劣化

排水管の繋ぎ目にゆるみがあると、そこから水漏れを起こします。経年劣化しやすいゴムパッキンは特に水漏れしやすい箇所なので、直接の原因として疑うことができます。

排水ホースの破損

排水ホースには厚手の塩化ビニールが使われており、簡単には破損しないようになっています。

しかし、年中水が通る場所のため経年劣化は避けられず、地震など劣化以外の理由で破損するおそれもあります。

排水ホースが万が一破損している場合、新しいものと取り替えることで水漏れが解消されます。

その他の原因

蛇口と給水管の間のゆるみがあるとそこから水漏れを起こしますし、キッチンの天井から雨漏りが起きて床が水浸しになっている床以外の発生箇所の場合もあります。

賃貸でキッチンの床の水漏れを見つけた時の初期対応

キッチンの床の水漏れを見つけた時にするべき対応を確認していきましょう。

水漏れに対応する

キッチンで水漏れが発生したら、はじめの応急処置として元栓を閉めてしまいます。

漏れ出した水が床いっぱいに広がっていたら、業者が駆けつけるまでバスタオルなどを敷いて染み込ませ続けます。

このとき、部屋をしっかりと乾かさなければカビの原因になるため、換気も十分に行ってください。

管理会社に連絡する

賃貸物件で水漏れが発生したら、賃貸によっては修理先が決まっている場合があるので、まずは管理会社か大家さんに連絡を入れましょう。

業者に連絡する

管理会社側で連絡をしてもらえないケースでは、自分で水道トラブルの専門業者に連絡する必要があります。

水漏れの件を伝え、部屋の状態や水漏れの程度などを話し、見積もりが取れる場合は簡単に電話口で聞いておくと、他の業者と比較がしやすくなります。

水漏れの緊急性が低く多少のゆとりがあれば、複数の業者から見積もりを取ってもらいましょう。

水漏れ修理にかかる費用とその支払いについて

キッチン床の水漏れ修理にかかる費用の相場と、賃貸で費用を負担する人についてみていきましょう。

水漏れ修理の相場

水漏れ修理にかかる費用には以下のような項目が含まれます。

修理代金

部品代金

追加修理代金

夜間早朝料金

取り外し品処分費用

専用機器使用

排水トラップやパッキンの交換は8,000円~15,000円程度ですが、清掃作業や詰まりの除去は別料金となります。

賃貸物件で費用を負担するのは?

排水ホースや蛇口などの老朽化による水漏れは管理会社や大家さんの責任となりますが、老朽化や経年劣化以外の原因については借主の負担となります。

万が一に備えて対応方法をチェック

水漏れは突然起こるトラブルですから、管理会社や水道業者の連絡先は常に控えておく必要があります。

賃貸物件では手順を踏まずに自分で修理を試みたり、慌てて業者を呼んだりしないように注意が必要です。

すぐにその兆候が発見できるように、水回りや排水溝のチェックもこまめに行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました