洗面台の水栓から水漏れする原因と修理方法を解説

洗面台を使用していたところ「少しずつ水がたれてとまらない」「パイプで水漏れが起こった」という水回りのトラブルに悩んでいる方もいるでしょう。
それほど気にならないからといってそのまま放置してしまうと、更なるトラブルに繋がりやすいです。自分で対応するための方法を知りたいといった方のために、修理法などをご紹介します。

洗面台の水栓のタイプごとによくある水漏れの症状

洗面台には、大きく分けてハンドル型のほかにレバー型があります。どちらに該当するかによって発生しやすいトラブルが変わるので、チェックしてみましょう。

ハンドル型

よく見るタイプの水道で、ハンドルのひねり具合で水栓を調整し、水が出たり止まったりするタイプです。ケレップ(水が出るのを止めるパーツ)が壊れたり、劣化したりした場合に特に蛇口のあたりから水漏れしやすいです。
また、パッキンが古くなるとハンドル下部にあたる部分で水が漏れてしまうことがあります。長年使っている場合はパーツが古くなった可能性を疑ってみましょう。

レバー型

上下左右にレバーを動かして水栓を調整するタイプです。バルブカートリッジというパーツがあるのですが、これが壊れると水漏れが発生することが多いです。
また、カートリッジが壊れてしまった場合は、レバー以外にも、蛇口や、パイプなど様々なポイントから水漏れしやすくなります。

洗面台の水漏れを自分で修理する方法

洗面台で何かトラブルが発生している場合、自分では修理できないと思っている方も多いのではないでしょうか。ですが、状態によってはホームセンターなどでパーツを入手し、自分で修理に挑戦できます。よくわからない場合は、現在使用しているパーツを取り外したものを持参し、同じものを購入すると良いでしょう。
ただし、必ずしも自分で修理できるとは限らないので、無理のない範囲で挑戦してみてください。

パッキンの取り換え

ハンドルの古いパッキンを取り外し、新しいものに取り換えましょう。ドライバーをつかってハンドルのネジ、カバーナットを外し、パッキンを取り換えたら元に戻します。レバー型の場合は、ドライバーでレバー根元のネジとレバーを外し、カバーナットを外したらカートリッジも外しましょう。パイプを引き抜き、新しいパッキンに取り換えてから戻します。
なお、ネジが硬くなっている場合もあるので、作業時にケガをしないように気を付けてください。それから、電動ドライバーだと回しすぎてしまう可能性があるため、必ず手動のものを使いましょう。どうしても手動だとネジを回すことができない場合、業者に依頼したほうが安全です。

ケレップの取り換え

蛇口部分から水が出ないようにするケレップというパーツが劣化してしまった場合、水漏れしやすくなります。新品に取り換える際には、ドライバーなどをつかってハンドルを外しましょう。
かなり硬くなっているケースもあるので、慎重に作業する必要があります。カバーナットを外して、パッキン、座金、スピンドルを外すとケレップが確認できるので、新品と取り換えましょう。

簡単な修理から試してみるのがおすすめ

洗面台の水栓で水漏れしている場合の原因に関することや修理方法をご紹介しました。ただ、修理に失敗するとかえって修理代が高くついてしまう可能性があります。
そのため、自分で対応することに不安がある方や、修理してみたものの解決しなかった場合は専門業者に依頼しましょう。

タイトルとURLをコピーしました