賃貸のお風呂の排水溝つまりが起きた場合の対処法とつまりを予防する方法


お風呂の排水溝がつまったときの対処法は、賃貸と持ち家で異なります。賃貸のお風呂がつまったときは、どのように対処すればよいのでしょうか。基本の対処法とつまりの解消方法、予防方法をあわせて解説いたします。以下の情報を参考にすれば、お風呂のつまりに落ち着いて対処できるようになるはずです。

賃貸のお風呂で排水溝つまりが起きたらまず連絡

賃貸のお風呂がつまったときは、自分で対処する前に、管理会社や大家さんへ報告しましょう。修繕の義務が貸主側・借主側のどちらにあるか確認するためです。管理会社や大家さんへ報告せずに修理業者を呼ぶと、修繕の義務が貸主側にあったとしても、費用を自分で負担しなければならない恐れがあります。

お風呂の排水溝つまりを自分で解消する方法

管理会社や大家さんへ連絡がつかず、今すぐつまりを解消したい場合は、以下の方法を試すとよいかもしれません。

ラバーカップ

排水溝に固形物がつまっている場合は、ラバーカップ(いわゆるスッポン)で解消できる可能性があります。使い方は以下の通りです。

1. 浴槽の排水溝にゴム栓をはめる。
2. 排水溝(洗い場側)のヘアキャッチャーを外す。
3. 排水溝にラバーカップをかぶせる。
4. ゴムカップが隠れるくらいまで水をためる。
5. ラバーカップを排水溝に押し付けてから引き抜く。
6. 5の動作を何度か繰り返す。
7. つまりが解消したら、ヘアキャッチャーを元の位置に戻す。

浴槽側の排水溝に固形物がつまっている場合は、浴槽側で同じ作業を行います。

液体パイプクリーナー

ドラッグストアなどで販売されている液体パイプクリーナーを使っても、つまりを解消できる可能性があります。使い方は以下の通りです。

1. 排水溝のヘアキャッチャー、排水トラップを取り外す。
2. 手でとれるゴミを取り除く。
3. 排水溝に液体パイプクリーナーを流しいれる。
4. 15~30分程度放置する。
5. 水を流して、つまりが解消していることを確かめる。

具体的な使い方は、各製品の説明書に従ってください。

お風呂の排水溝つまりを予防するには

お風呂の排水溝がつまってしまった方は、再発を防ぐため予防を心掛けましょう。以下の点に注意すれば、お風呂の排水溝はつまりづらくなります。

入浴時に掃除する

髪の毛などのゴミを流してしまうと、お風呂の排水溝はつまりやすくなります。浴槽の栓を抜く前に湯船に浮かんでいるゴミを取り除く、お風呂から上がる前にヘアキャッチャーに溜まっているゴミを取り除くなどすると、排水溝のつまりを予防できます。

定期的に排水溝を分解して掃除する

こまめに掃除をしていても、手の届かない部分は汚れてしまいます。つまりを予防するため、定期的に排水溝を分解して掃除しましょう。掃除のやり方は以下の通りです。

1. ヘアキャッチャー、排水トラップを外して、付着しているゴミを取り除く。
2. お風呂用洗剤を付けたスポンジで、各パーツをきれいに洗う。
3. お風呂用洗剤をシャワーで洗い流し、元の状態に組み立てる。

内部の汚れは見えづらいですが、放っておくと、つまりの原因になりえます。定期的な掃除で取り除くことが重要です。

賃貸のお風呂がつまったら管理会社・大家さんへ相談

賃貸のお風呂がつまったら、修繕義務が誰にあるか確かめるため、管理会社・大家さんへ相談しましょう。相談せずに修理業者へ依頼すると、修繕義務が貸主側にある場合でも、修理費用を自己負担することになるかもしれません。まずは、状況を報告して対応を確認することが重要です。管理会社・大家さんへ連絡がつかず急いでいる場合は、ラバーカップや液体パイプクリーナーを使ってつまりを解消するとよいかもしれません。ただし、状況を悪化させることもあるので、慎重に行うことをおすすめします。トラブルを避けたい方は、管理会社・大家さんへ相談しましょう。

タイトルとURLをコピーしました