給湯器からお湯が出ない原因はつまり?対処法をチェック

給湯器のお湯トラブルには、さまざまな種類の原因や要因が潜んでいます。また、給湯器のお湯トラブルを放置しておくことは、「錆の蓄積」や「給湯器の故障」などを引き起こすことにもつながるといえるでしょう。
給湯器からお湯が出ない原因や、給湯器がつまらないための正しい対処方法などについて解説します。

給湯器からお湯が出ないのはつまりも原因の一つ

給湯器のお湯トラブルにまつわる原因のひとつに、「給水給湯管のつまり」があげられます。そのため、たとえば「給湯器からお湯が出ない」などの故障事例に見舞われた場合は、給水給湯管のつまり解消法を試みることが重要です。

給水給湯管にまつわる具体的なつまり解消法については以下のとおりです。

■給水給湯管の内部を洗浄する
■給水給湯管の改修工事を実施する
■定期的なメンテナンスを心がける

給水給湯管の内部に錆が発生することで、「給湯器からお湯が出なくなる」や「蛇口から赤水が出る」などのトラブルを引き起こすケースも多くあります。また、給水給湯管の錆を放置しておくことは、給湯器の故障や衛生面の悪化を招くことにもつながります。

給水給湯管の錆を放置することによる具体的なトラブル事例については以下のとおりです。

■給水管が錆で完全に閉塞される
■水が一滴も出なくなる
■給湯管の内部に穴が空くことによる漏水
■錆のつまりが原因で、給湯器本体が故障する
■錆が混じった水を飲むことによる健康被害

給湯器からお湯が出ない原因

「給水給湯管のつまり」以外にも、給湯器からお湯が出ない原因は数多く存在します。給湯器からお湯が出ない原因の具体例については以下のとおりです。

■自宅全体の水が出ない
・水漏れ
・給水給湯管の凍結
・水道工事による断水
・元栓不良
・減圧弁不良

■自宅全体の蛇口からお湯だけが出ない(水は出る場合)
・給湯器の故障
・給湯器本体のコンセント抜け
・給湯器下の止水バルブ閉まり
・減圧弁の故障
・逃し弁の不良

■浴室のみに症状が現れる(水・お湯ともに出ない)
・浴室内の蛇口不良

■浴室のみに症状が現れる(お湯が出ない)
・蛇口ストレーナーのつまり

前述のような症状が発生した際は、できる限り早急に給湯器の修理を実施することが大切です。

つまりなどのトラブル予防のためにできるお手入れ

給湯器の正しいお手入れ方法を理解・把握しておくことは、給湯器の耐用年数を引き延ばすことにつながります。給湯器の正しいお手入れ方法にまつわる具体的な手順については以下のとおりです。

■給湯器本体
・給湯器本体のカバーを布で拭く
・給気口に付着したゴミやホコリを取り除く

■水抜き栓のフィルター
・給湯元栓を閉めた後、すべての給湯栓を開ける

・水抜き栓を外す

・水抜き栓のフィルターを歯ブラシなどで水洗いする

・水抜き栓を元の位置にセットする

・すべての給湯栓を閉めたうえで、給水元栓を開ける

■浴槽内に設置されている循環金具
・金具表面の汚れを布で拭きとる
・金具表面に付着したゴミを取り除く
・フィルターを外した後、歯ブラシなどで水洗いする

■追い焚き配管
・追い焚きスイッチを押した後、10秒程度お湯を流す
※全自動式の給湯器であれば、風呂配管洗浄機能が装備されているタイプもある

■リモコン
リモコンの表面に付着した汚れやゴミを取り除く

給水給湯管のつまりにともなう対処方法を押さえておこう

給水給湯管のつまりを放置しておくことは、「錆の蓄積」や「お湯の供給不良」「給湯器の故障」などといったトラブルを引き起こすことにつながります。また、錆が混じった水を飲み続けることで、健康状態の悪化を招いてしまう危険性があります。

給水給湯管のつまりにともなう正しい対処方法を理解・把握したうえで、「給湯器本体の耐用年数延長」や「衛生面に優れた飲料水の供給」などを目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました