マンションのお風呂から水漏れする原因とその対処法をご紹介


マンションのお風呂で水漏れが起きている場合、我が家だけの問題とは言い切れない可能性があります。ケースによっては、賠償金の支払いを求められることがあるので注意しましょう。このページでは、マンションのお風呂から水漏れしているときの対応と水漏れの原因・対処法を解説しています。水漏れにお困りの方は、確認しておきましょう。

マンションのお風呂で水漏れが起きた場合の対応

マンションのお風呂で水漏れが発生しているときは、水の使用を控えます。原因がはっきりしないまま水を使い続けると、階下のお部屋などに雨漏りなどの影響を与えてしまう恐れがあるからです。次に、管理会社へ連絡して、対応を確認します。特に指示がなければ、自分で業者を探して修理するとよいでしょう。すでに階下のお部屋などへ影響が出ている場合は、水漏れの原因や修理のタイミングを明らかにするため、管理会社へ業者の手配を依頼することをおすすめします。漏電の恐れに備えて、電気会社にも連絡しておきましょう。近隣住民への謝罪(必要がある場合)は、以上の対応が終わってから行います。

お風呂で起こる水漏れの原因

お風呂の水漏れでは、以下の原因などが考えられます。

浴槽から水漏れ

浴槽から水漏れしている場合は、浴槽のひび割れが疑われます。頑丈に作られている浴槽ですが、経年劣化で脆くなることがあるのです。ひび割れのおおよその位置は、浴槽内に水をためて、水位の減少が止まる位置を確かめれば推測できます。

床下から水漏れ

お風呂の床下から水漏れしている場合、床の破損のほか、床下を通る排水管の破損が疑われます。排水管の破損は気づきづらいため注意が必要です。床下の腐食による異臭で気づくこともあります。

シャワーヘッド、蛇口から水漏れ

シャワーヘッドや蛇口から水漏れする場合、パッキンの劣化やナットのゆるみなどが考えられます。経年劣化により生じやすい水漏れです。

自分でできる水漏れの対処法

浴槽の水漏れは浴槽の交換が必要になるため、床下の水漏れは床の修理あるいは排水管の修理が必要になるため、自分で対処することは難しいといえます。ここでは、シャワーヘッドから水漏れしている場合の対処法を紹介します。

シャワーヘッドとシャワーホースの接続部から水漏れしているときの対処法

パッキンの劣化が原因と考えられるため、以下の流れでパッキンを交換します。

1. 止水栓を閉める。
2. シャワーヘッドを外す。
3. 古いパッキンを新しいパッキンへ交換する。
4. 止水栓を開けて水漏れの解消を確認する。

シャワーヘッドの外し方は、製品により異なります。製品によっては、手で外せるものもあります。

シャワーヘッドから水漏れしているときの対処法

シャワーヘッドから水漏れしているときは、シャワーヘッドの故障が疑われます。シャワーヘッドを交換することで、水漏れを解消できる可能性があります。シャワーヘッド交換の流れは以下の通りです。

1. 止水栓を閉める。
2. シャワーヘッドを外す。
3. 新しいシャワーヘッドに付け替える。
4. 止水栓を開いて水漏れの解消を確認する。

新しいシャワーヘッドは、取り付け可能であることを確認してから購入しましょう。

マンションのお風呂から水漏れが発生したときは慎重に対応

マンションのお風呂から水漏れして、階下のお部屋などに影響を与えると、賠償金の支払いを求められる恐れがあります。水漏れが発生したときは、水の使用を控えて、適切に対応しましょう。水漏れの原因はケースによりさまざまです。シャワーヘッドの水漏れ程度であれば自分で対処できますが、浴槽、床下などの水漏れは業者への修理依頼が必要と考えられます。ケースによっては大きなトラブルに発展することがあるため、慎重に対応することが重要です。

タイトルとURLをコピーしました