トイレつまりが起きる原因とその対処法を解説


トイレがつまると、使用できなくなるので本当に困りますよね。1分1秒でも早く直したいと考える方が多いはずです。トイレのつまりを解消するポイントは、原因に基づき対処することです。ここでは、トイレがつまってしまう原因とその対処法を解説しています。お困りの方は、参考にしてください。

トイレのつまりが起きる原因とは

トイレがつまる主な原因として以下の2つが挙げられます。

水に溶けにくいもの、水に一切溶けないものを流した

ひとつ目の原因は、水に溶けにくいものや水に一切溶けないものが排水路につまることです。代表的な例として以下のものが挙げられます。

・大量のトイレットペーパー
・大量のトイレシート
・おむつ
・生理用品
・スマートフォン
・おもちゃ
・ペットボトルのフタ

上記のような水で流しきれないものがつまることで、トイレはつまることになるのです。

流す水の量が少ない

ふたつ目の原因は、流す水の量が少ないことです。大量の汚物やものが流しきれず配管に溜まるため、トイレがつまってしまいます。流す水の量が少なくなる原因として、トイレの故障のほか、大便を小で流す、使用する水を少しでも節約するためにトイレタンク内にペットボトルなどを入れてかさまししていることなどが挙げられます。

トイレのつまりを解消する方法

続いて、自分でできるトイレのつまりを解消する方法を紹介します。

ラバーカップ(スッポン)

トイレに何かがつまっている場合は、ラバーカップで解消できる可能性があります。使用方法は以下の通りです。

1. トイレの種類(和式・洋式)に合わせたラバーカップを用意する。
2. 止水栓を閉める。
3. トイレの床をゴミ袋などで覆う。
4. 便器の排水口にラバーカップを押しこんで引っ張る。
5. 4を何度が繰り返す。
6. つまりが解消したら、止水栓を開き、洗浄ハンドルで水を流す。

ラバーカップは水に覆われた状態で使用する必要があります。水位が低い場合は、水を足しましょう。

便器にぬるま湯を流しこむ

トイレにつまっているものが水に溶けるものであれば、以下の方法でも解消できる可能性があります。

1. 止水栓を閉める。
2. 便器内の汚水をできるだけ汲みだす。
3. 40度程度のぬるま湯をバケツにためる(熱湯は便器を痛める恐れがあるため使用不可)。
4. 高い位置から3のぬるま湯を便器の排水口に向かってゆっくり注ぐ。
5. 4の動作を2~3回程度繰り返す。
6. 60~90分程度放置して、配管につまっているものを溶かす。
7. バケツで水でつまりの解消を確認する。

業者依頼の判断基準と依頼時に知っておきたいこと

以上の方法を試しても、つまりが解消しない場合は、トイレの故障や排水管のつまりが考えられます。自分では対処しづらいため、修理業者へ相談することをおすすめします。つまりの原因がはっきりしない場合や時間が経ってもつまりが改善しない場合も同様です。適当に対処すると、症状を悪化させてしまうことがあるので注意してください。

修理業者選びに悩むときは、各地域の水道局から水道工事を許可されている、水道局指定工事店を選ぶとよいでしょう。一定以上の施工技術力があると考えられるため、安心して任せることができます。修理費用は、つまりの原因によりさまざまです。まず見積りをとって確認するのは忘れないでください。また、作業時間も原因により異なります。料金と合わせて作業時間も確認しておくと安心です。

トイレのつまりは原因に合わせて対処する

トイレのつまりは、水に溶けないもの、水に溶けにくいものを流すことや流す水の量が少ないことで引き起こされます。原因によってはラバーカップなどで解消しますが、自己流の対処で状況を悪化させてしまうことがあるため慎重に行わなければなりません。不安を感じる方は、修理業者へ相談するとよいでしょう。水道局指定工事店は、一定以上の施工技術力があると考えられるためおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました