トイレのつまりも原因?!臭いがひどくなる理由と対処法


トイレの臭いについて悩んでいる方はいらっしゃいませんか?
実は、トイレの臭いの原因は様々。外から見ただけでは分からないものが多いです。しかし、意外にも簡単に解決できるケースが多いため、今すぐトイレの臭いを改善することもできます。
そこで、今回はトイレが臭い原因と対処法について解説します。

トイレが臭い原因

トイレが臭い原因は、いくつか挙げられます。
まずは、下記を見ていきましょう。

排泄物

トイレが臭い原因の一つが「排泄物」によるものです。
特に、排便直後などは換気扇だけでは臭いを十分に排出できず、室内にこもってしまいます。しかし、時間が経過すると次第に臭いが軽減し、しばらく経つと無臭となるため、あまり心配はいりません。

換気扇の汚れ

あまり知られていませんが、トイレの臭いは「換気扇」が原因となっていることもあります。
長年換気扇を掃除していない場合、内部には汚れやカビ、雑菌などが繁殖していて、換気扇を作動させると不快な臭いがトイレ内に充満してしまうことがあるのです。
特に、1年以上換気扇を掃除していない場合は要注意といえます。

下水管からの臭い

下水管からの臭いによって、トイレ内が臭くなっている場合があります。
本来、トイレは下水管からの臭いが這い上がってこないよう、常にトイレ内には一定の量の水が溜まっています。しかし、排泄物などが排水口奥でつまっているなど、何らかの原因で一定以下の水しか溜まらなかったり、そもそも水が亡くなってしまう可能性があるのです。
トイレ内の水がなくなると、配水管からの臭いがトイレ内に充満し、臭いが気になることになってしまいます。

尿の飛び散り

気が付かない方が多いものですが、「尿の飛び散り」が原因で、臭いことがあります。
用を足しているとき、便器内に収まっているように見えても、便器からの跳ね返りが周囲の壁や床に付着してしまうのです。
尿が付着した壁や床を放置していると、尿独特の臭いが発生したり、雑菌の繁殖による不快な臭いに陥ったりします。
尿の飛び散りは「男性のみ」と思われがちですが、実際は女性でも尿が飛び散るケースがあります。男女問わず、こまめに便器回りの清掃が必要でしょう。

トイレが臭い時の対処法

トイレが臭い時の対処法について解説します。原因別に、トイレの臭いを解決しましょう。

排泄物の臭い

排泄物の臭いが気になる場合は、まずは「換気」が重要です。
窓を開ける、もしくは換気扇を長時間作動して、臭いが消えるのを待ちましょう。すぐに臭いを消したい場合は「消臭スプレー」「置き型消臭剤」などを活用するのがおすすめです。

換気扇の臭い

換気扇がトイレの臭いの原因となっている場合は「掃除」をしましょう。
ただし、トイレの換気扇は分解が難しいうえに、そもそも取り外しも簡単ではありません。作業に不慣れな方は、業者に依頼したほうが安全です。

下水管の臭い

下水管の臭いがトイレの悪臭の原因となっている場合は、まずは「トイレのつまり」を疑い、排水口のつまりを解消しましょう。
ワイヤーブラシ等を使って、直接詰まっているものをかきだすと、一気につまりを解消できます。

尿の飛び散りの臭い

トイレの臭いの原因が「尿の飛び散り」の場合は、こまめな掃除が必要です。
壁や床は特に飛び散りやすい箇所ですので、念入りに雑巾がけを行いましょう。また、菌などが気になる場合は除菌スプレーの使用がおすすめです。

トイレの臭いに悩んだら「業者への相談」も検討

このページでは、トイレの臭いの原因や対処法についてご紹介しました。
トイレは毎日使う場所だからこそ、臭いに悩まされるのは避けたいものです。臭いに悩んでいる方は、ぜひ今回ご紹介した内容を実践してみてください。
また、何を試しても改善されない…という場合は、業者に相談してみるのも良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました