トイレのつまりはなぜ起こる?原因や自分でできる対処法について


トイレのつまりはなぜ起こるのかご存じですか?
特に変わったトイレの使い方をしていないにも関わらず、つまってしまうと「なぜ?」と疑問を感じてしまうものです。
そのうえ、トイレのつまりが頻繁となると、その都度業者に依頼する手間やお金がかかり、あらゆる負担がかかってしまうでしょう。
そこで、今回はトイレのつまりの原因について解説します。また、自分でできる対処法についても触れていますので、参考にしてみてください。

トイレのつまりの原因

トイレのつまりの原因は、必ずしも1つとは限りません。使用方法やトラブルによって異なります。
まずは、下記をご覧ください。

・トイレットペーパーの使用量が多すぎる
・おむつを流してしまった
・生理用品を流してしまった
・トイレに流せないタイプの「ペット用砂」を流した
・食べ残しを流してしまった
・異物を落としたことに気づいていない(スマホ、ボールペン、カイロ、タバコなど)
・水の量が少ない
・尿石や便がつまっている

トイレのつまりの原因は様々です。
上記は、いずれも日常生活で起こりがちなことですし、「トイレに流せる」と勘違いして、不適切なものを流して、つまってしまったケースもあります。
トイレは、あくまでも「排泄物とトイレットペーパーを流す」ということのみを想定して製造されています。それ以外のものを流すのは避けると同時に、トイレットペーパーの使用量や、流す水の量にも意識を向けてみてください。

トイレのつまりの対処法

万が一トイレのつまりが発生してしまった場合、次の方法で解決できる場合があります。

バケツや桶で水を流す

バケツや桶に水をため、排水口めがけて流していきます。ただし、大量に流すと水が便器からあふれる場合があるため、適度な水量を維持して流しましょう。
上記の工程を数回繰り返すことで、つまりが解消されます。

60度程度のぬるま湯を流す

トイレットペーパーをはじめとした、「水に溶けるタイプのもの」がつまっている場合は、60度程度のぬるま湯を流すのがおすすめです。
つまっているものがお湯の温度によって溶けやすくなり、つまりが解消されます。

ラバーカップでつまりを解消する

トイレのつまりを解消する定番アイテムといえる「ラバーカップ」はあらゆる原因のつまりを解消します。
排水口にラバーカップをしっかりとあてて、複数回「押す・引く」を繰り返します。
ただし、作業中に汚水が飛び散る場合があるため、便器を大きめのビニール袋やシートでカバーすると良いでしょう。

重曹やクエン酸で汚れを解消する

トイレつまりの原因が「尿石」「便」などの場合は、重曹やクエン酸を便器内にかけることで、問題を解決できる場合があります。
ただし、直接それぞれを便器に振りかけるだけでは問題が解決できません。まずは、それぞれ下記の量を準備します。

・重曹   1/4カップ
・クエン酸 1/2カップ
・50度程度のぬるま湯 バケツ1杯ほど

先に重曹を便器内に振りかけ、次にクエン酸を入れます。さらにお湯を少しずつ入れると泡立ってきますので、そのまま1時間放置してください。
バケツで水を流してみて、問題なく水が流れたら作業終了です。

作業が不安なら「業者への相談」がおすすめ

今回は、トイレのつまりの原因と対処法についてご紹介しました。意外にも日常生活のちょっとした行動がトイレつまりの原因となっていますので、日ごろから注意しなければなりません。
また、上記では対処法についても解説しましたが、作業に不安を感じる方は、必ず専門業者に相談することが大切です。
トイレのつまりに悩んでいる方は、本ページを参考にしながら、自分に合った方法で解決しましょう。

タイトルとURLをコピーしました