トイレのタンクから水漏れ!?水が止まらないときの対処手順


トイレのタンクから水漏れしていて悩んでいる…という方はいらっしゃいませんか?
水が止まらない、チョロチョロと水が出続けている、などはトイレタンクの水漏れが原因です。
早めに対処しておかないと、水道料金が高額になってしまったり、トイレが故障してしまったりするため注意しなければなりません。
そこで、今回はトイレタンクからの水漏れに悩んでいる方に向けて、「水が止まらないとき」の対処手順について解説します。

トイレタンクの水漏れ対処手順

さっそく、トイレタンクの水漏れ対処手順について解説します。
今すぐ水漏れを解決したい方は、次からの内容を参考にしてみてください。

1.止水栓を閉める

トイレタンクの水漏れに関する作業を始める前に、まずは「止水栓」を閉めます。
水が出ている状態では作業がスムーズにできませんし、水が漏れ続けることになります。
止水栓の閉め方については、下記をご覧ください。

1.トイレタンクに接続された金属製パイプを見つける
2.パイプにある止水栓を見つける
3.マイナスドライバーもしくはコインで止水栓を閉める

基本的には、上記の3ステップで止水栓を閉めることができます。
しかし、万が一止水栓を閉めても水漏れが解決されないようであれば、深刻な問題に陥っている場合がありますので、無理に作業を進めずに業者に相談してください。

2.タンク内の鎖の状態をチェックする

タンクのふたを開けて、内部の鎖の状態をチェックしてみてください。
鎖の先には、「浮きゴム」と呼ばれる、水を流したときの水量を調節する部品があります。もし、鎖が短すぎて、浮きゴムが常に浮いている状態であれば、鎖の長さが適切ではないので、長さを調節しなければなりません。「鎖が絡まっていないか」「別の部品に引っかかっていないか」を確認しましょう。
必要に応じて、新しく適切な長さの鎖を購入し、取り付けることもおすすめです。

3.タンクのふたを閉める

鎖の長さを調節したら、タンクのふたを閉めましょう。
ただし、タンクは重いので指を挟まないように注意しながら、慎重にタンクのふたを閉めてください。

4.止水栓を開ける

最後に「止水栓」を開けたら作業は終了です。
レバーを動かして水を流してみて、タンクの水漏れが改善されたか、必ずチェックしておくことも忘れないでください。
タンクの水漏れの原因によっては、内部の鎖の長さを調節しても、水漏れが解決しない場合があります。
もし、トイレの水を流してみて、水漏れが解決していないようであれば、放置せずに必ず業者に修理を依頼してください。

トイレタンクの水漏れは「専門業者」に依頼するのもおすすめ

トイレのタンクに水漏れが発生したら、専門業者に依頼するのもおすすめです。
上記の対処手順は決して難しい作業ではありませんが、「細かい作業が苦手」「修理作業に不慣れ」などの場合は、ハードルの高い作業となってしまうでしょう。
無理に自分で作業を進めると、怪我をしたり、トイレを故障させてしまう可能性がありますので、「作業が難しそう」と感じたら業者に相談することが大切です。

トイレのタンクが水漏れしたら早急な対処を

このページでは、トイレのタンクが水漏れした場合の対処手順について解説しました。
トイレのタンクの水漏れは、水道料金の上昇やトイレの故障などにつながりますので、必ず早めに対処しなければなりません。
思いがけないトラブルに陥らないためにも、本ページで解説した内容を参考にしながら、タンクの水漏れを早めに解消してください。

タイトルとURLをコピーしました