トイレの修理方法は?「TOTO製」の場合の適切な対処について

「TOTO製のトイレってどのように修理するの?」「トイレのつまり・水漏れはどうしたら良いの?」など、トイレの修理方法について悩んでいる方が少なくありません。
しかし、トイレがTOTO製であっても、TOTO以外であってもトイレの修理方法に大きな違いはないものです。
そこで、今回はTOTO製トイレのつまり・水漏れの修理方法についてご紹介します。

TOTO製トイレの修理方法

さっそくTOTO製のトイレの修理方法についてご紹介します。どのような方法があるのか、チェックしてみてください。

TOTOに依頼する場合

TOTO製のトイレを使っている方の多くが検討するのが「TOTOに修理を依頼する」というものです。
メーカーに依頼したほうが安心できるといったイメージがありますし、大手メーカーであることから信頼性も高いのが理由でしょう。
TOTOにトイレ修理を依頼する場合は、まずホームページの問い合わせフォームから連絡してみるか、電話で問い合わせてみてください。
TOTOでは、積極的にメンテナンス受付行っていますので、都合が合えばすぐに現場へ駆けつけてくれます。

専門業者に依頼する場合

TOTOのトイレ修理を、メーカーではなく専門業者に依頼する場合は、依頼を検討している業者に直接問い合わせてみましょう。
急ぎの場合は、自宅付近が所在地となっている専門業者への相談がおすすめです。最近は、24時間営業している業者が増えていますので、深夜や早朝であってもトイレ修理を行ってもらうことができます。

TOTO製のトイレの修理の注意点

TOTO製のトイレ修理を依頼するにあたり、いくつか注意点があります。
トイレ修理で失敗しないためにも、以下の内容をよくご確認ください。

専門業者のほうが安価な場合がある

TOTO製のトイレ修理を依頼する場合、メーカーと専門業者では、後者の方が安価になる場合があります。
メーカーの場合、保証期間内であれば無償もしくは格安で修理を行ってもらえますが、仮に保証期間が過ぎている場合は全額実費になってしまうのです。
また、TOTOは「大手メーカー」でもあることから、修理依頼が多く、比較的割高な料金設定となっています。
「費用重視」の方にとって、TOTOはやや不満の残る修理となってしまうかもしれません。

賃貸の場合は「管理会社」に相談する

賃貸に住んでいる方の場合は、自分でメーカーや専門業者にトイレ修理を依頼するのはやめておきましょう。
自己判断で対処してしまうと、管理会社やオーナーとトラブルになってしまうかもしれません。そのうえ、本来であればオーナーに負担してもらえるはずが、自己判断で修理してしまったことで実費となってしまう恐れもあります。
いずれにせよ、賃貸の場合は自己判断はおすすめできませんので、注意してください。

自分で修理しない

TOTO製のトイレが故障してしまった場合、自分で修理することはおすすめできません。
軽いつまり程度であれば、自分で解決できることもありますが、「つまりが深刻」「水漏れがひどい」といった場合は、専門的な知識を持って対処しないと、さらなるトラブルを招くリスクがあります。
「費用を抑えたいから」と自分で修理してしまうと、状況を悪化させてしまう可能性がありますので、必ずTOTOなどのメーカーもしくは専門業者に依頼しましょう。

TOTO製トイレは正しく修理を行いましょう

TOTO製のトイレに問題が発生したら、メーカーもしくは専門業者に修理を依頼することが大切です。
自分で対処しようとすると、思いがけず自体を深刻化させてしまう可能性がありますので注意してください。
現在、トイレのつまりや水漏れに悩んでいる方は、上記の内容を参考にしながら適切に対処しましょう。

タイトルとURLをコピーしました