床から水漏れが発生していたら、もしかしたらトイレの設置面からの水漏れが原因かもしれません。
トイレの水漏れは放置していると厄介なケースもありますので、水漏れを発見したらただちに対処するようにしてください。

ここではトイレの水漏れ原因と自分でできる対処法について解説しています。
万が一のときに備えてしっかり学んでおきましょう。

便器と床の設置面から水漏れが発生する原因

水漏れはさまざまな箇所から起こります。
そのため原因をきちんと突き止める必要があります。

便器と床の設置面から水漏れが発生しタイル場合、いくつかの原因が考えられます。

・排水管が劣化している
トイレの床下にある排水管が劣化していると、そこから水が漏れてしまいます。
一見するとトイレからの水漏れのように思われがちですが、実際は排水管が原因の場合が多いので業者に点検してもらいましょう。

・トイレの設置に問題がある
接続部分がずれていても水漏れが起こりやすくなります。
便器を交換するときは、必ず実績のある業者を選びましょう。

・温水便座を使用している
いわゆるウォシュレットやシャワートイレなどが挙げられます。
サイズ違いや緩みなどで起こりやすい、また劣化も原因になりやすいでしょう。
タンクが内蔵されているタイプは要注意です。

・便器のひび割れ
便器がひび割れることで隙間から水が漏れてきます。
しかしこのケースは余程のことがない限り起こりにくいので、他の原因を疑ったほうが良いでしょう。

便器と床の設置面からの水漏れは厄介

このようにトイレの水漏れにはさまざまな原因があることが分かりました。
なかでも便器と床の設置面からの水漏れは非常に厄介。

というのも、床まで影響が出ている水漏れは修繕が大がかりになり作業に時間がかかってしまうからです。
また放置していると床が腐食する危険性もあり、事態を悪化させてしまう恐れもあります。

床にまで水漏れを起こしている場合は、早急に業者に相談し対処してもらいましょう。
万が一腐食しているのであれば床の修理や補修工事も必要になってきます。
めったにないことですが、床下の排水管のひびや破損は厄介なので気をつけてください。

取り急ぎ、自分で出来る対処法

基本的にトイレの水漏れは業者に依頼したほうが賢明ですが、すぐに対応してもらえない場合は「止水栓を閉じる」ことで一時的に水漏れを回避できます。
ただし止水栓を閉じるということは水が使えなくなりますから、丸1日その状態にしておくことはできません。
あくまで一時的な対処法なので、そのあときちんと業者に修繕してもらってください。

止水栓の閉じ方

まず、止水栓は床および給水管接続口付近に設置されています。
設置場所によって閉じ方が異なりますので、製品の取扱説明書に目を通しましょう。

・タンク密結便器
フィルターの有無で微妙に止水栓の向きが異なります。

・ネオレスト系便器
パネルの中に収納されているタイプがほとんどです。
ウォシュレット付きの場合は、ウォシュレット用と間違えないようにしてください。

タンク周辺に止水栓がない場合は家屋全体の元栓から閉じます。
これで一時的に水漏れを防ぐことができます。
もちろん修理が終わったら止水栓を開け、元の状態に戻しましょう。

止水栓を調整する

止水栓を調整することでタンクから水が溢れません。
この方法を知っているだけでも水漏れの状態を抑えられるようになりますから、万が一のときに備えて知っておくと安心です。
また他の部分にトラブルがあっても、止水栓を調整していればオーバーフロー管から便器に水が流れていくので溢れずに済みます。

トイレの水漏れは早急に対処することが悪化を防ぐ

トイレからの水漏れは、さまざまな原因で起こることが分かりました。
原因によっては床から漏れるケースもあるため、一見するとトイレからの水漏れとは気づきにくいのが難点です。
ただ床からの水漏れはめったにないので、もし床から水が漏れているとわかったらただちにトイレの設置面からの水漏れと考えておいてください。

水漏れでどこに依頼したら良いか迷っている方は「東京水道センター」がおすすめです。
水漏れはもちろんのこと、つまりなどのトラブルもスピーディーに解決してくれます。

東京水道センターでは水回りのトラブル修理を行っています。
出張費・お見積り無料で、土日祝日も24時間対応いたします。
トイレの水漏れやつまりの修理は東京水道センターへお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました