突然、給湯器の温度が一定しなくなったり異音がしたり、水漏れを起こした場合、もしかしたら修理または交換のサインかもしれません。
特に水漏れはそのままにしておくと非常に危険です。

ここでは給湯器が水漏れした場合の危険性と対処法について解説しています。
中古住宅を購入した方や、新築でも万が一に備えて知っておくと安心です。

給湯器水漏れの放置は危険

比較的どの家庭でも、一度は給湯器の水漏れ経験があるのではないでしょうか。
そのため「たかが水漏れ」と安易に考える方が多いかもしれません。
しかし水漏れは放置しておくと非常に危険です。

ここではなぜ給湯器の水漏れ放置が危険と言われているのか、理由を解説します。

一酸化炭素中毒になる

水漏れをしたからと言って必ずしも一酸化炭素中毒になるわけではありませんが、特に水抜き栓以外から水漏れをした場合はすぐに対処する必要があります。

そもそもなぜ水漏れを放置していると一酸化炭素が発生してしまうのかと言うと、給湯器内部にあるバーナーが関係しています。
この部分に水がかかり、不完全燃焼を起こします。

一酸化炭素は無色・無臭なので発生していても気づきにくく、気づいたときには一酸化炭素中毒になっていたなんてことも少なくありません。
ポタポタと水が漏れてくると感じたらすぐに対処するようにしましょう。
水漏れは放置したから改善されるものではないので注意してください。

ちなみに一時的に水が出てくる場合は故障ではないので、安易に水漏れを疑わないことも大切です。
出てくる水の量が多かったり頻繁に出てくる場合は、直ちに点検をおすすめします。

給湯器水漏れの主な原因

ではなぜ、給湯器から水漏れを起こしてしまうのでしょうか。
事前に原因を知っておくと落ち着いて対処できます。

・経年劣化
もっとも多い原因です。
給湯器に限らず、長年使用しているものは必ず劣化します。
水回りの場合、蛇口やパッキンなど10年以上使うと硬化してくると言われています。
長年使用している場合はすぐに交換してください。

・凍結
配管が凍結していても水漏れが起こりやすくなります。
特に気温が低い地域は冬になるときちんと凍結対策をしておきましょう。

・取付時のトラブル
正しく取り付けできていない場合も水漏れを起こします。
素人が作業した場合に起こりやすいので、修理をしてもらう際は実績があるか事前に確認しておきましょう。

修理と交換、どちらがおすすめなのか

給湯器の水漏れは、早めの対処が必要不可欠です。
では、修理と交換ではどちらが効果的なのでしょうか?

結論から言うと、状態によって異なります。
経年劣化の場合はすぐに交換したほうが良いですし、異音や熱いお湯が出る場合も交換がおすすめです。
症状が軽度であれば修理でも問題ありませんが、重度の場合は修理をしてもすぐに故障してしまう可能性があるので、いっそのこと交換したほうが賢明でしょう。

・修理したほうが良いケース
保証期間内であれば、交換より修理をしたほうがメリットです。
製品によって保証される期間はさまざまですが、大体1年間になります。
ちなみにBL認定品は2年保証になっています。
また配管劣化の場合も修理で改善されるケースが多いでしょう。

・交換したほうが良いケース
先ほども述べたように、経年劣化の場合は交換したほうが安心です。
特に中古住宅を購入した場合は給湯器も古くなっているので、経年劣化が起こりやすくなっています。
また致命的な状態も交換をおすすめします。

給湯器の水漏れは症状に応じて修理or交換を決める

水漏れをしているからと言って、必ずしも交換が必要なわけではありません。
ただ給湯器の水漏れは一酸化炭素が発生しやすく、そのままにしておくと中毒を起こす危険性があります。
ですから、致命的な症状が出ている場合はそのままにしておかず、必ず業者に点検してもらいましょう。
どこの業者に依頼したら良いか迷った方は、ぜひ「東京水道センター」へご連絡下さい。

タイトルとURLをコピーしました