トイレと床の間から水漏れ!?原因と対処について解説します

トイレと床の間から水漏れがしているとき、非常に慌ててしまいますよね。
対処を後回しにしてしまうと、「床や便器が傷む」「便器の故障につながる」「カビが発生する」など、様々なトラブルに陥ってしまいますので、必ず「早急」な対処が必要です。
そこで、今回はトイレと床の間からの水もの原因や対処法について、詳しくご紹介します。

トイレと床の間からの水漏れ原因

トイレと床の間から水漏れが発生した場合、必ずしも原因が一つとは限りません。
まずは、どのような原因が考えられるのか、下記を見ていきましょう。

・タンクからの水漏れ
・結露
・パイプとタンクの接続部分の不良による水漏れ
・便器とタンクの接続部分の問題による水漏れ
・排水パイプの水漏れ
・ウォシュレットからの水漏れ

トイレと床の間から水漏れが発生してしまう原因は、意外にも様々です。
ご自宅のトイレの状態をよくチェックし、原因を突き止めてみましょう。「パイプ」「便器」「ウォシュレット」「タンク」をよくチェックし、考えられる原因を探してみてください。

トイレと床の間から水漏れしたときの対処法

トイレと床の間から水漏れした場合、どのような対処法があるのでしょうか。
ここからは、具体的な対処法について解説します。

浮き球を持ち上げてみる

タンクの水位線よりも水が上に位置している場合は、浮き玉を持ち上げてみましょう。
タンク内の水の量が多いことが原因で水漏れしている場合、浮き玉を持ち上げることで水が止まります。
まずは、タンクの水位をチェックし、浮き球を持ち上げてその後の様子をチェックしてみてください。

換気扇を回して結露を軽減する

結露によって便器や床が濡れてしまっている場合は、換気扇を回すことで結露を解消することができます。
結露は、トイレの便器の温度と、室内の温度差によって発生してしまうため、換気扇を回し、便器を温めておくことで結露を防ぎやすくなるのです。

劣化した部品を交換する

トイレで使用されている部品を全てチェックし、劣化しているものがあれば新しい部品に交換しましょう。
部品が劣化していると、正常な機能を果たせなくなり、水漏れの原因となってしまいます。
ホームセンターや通販、メーカーなどで販売されていますので、ご自宅のトイレに会う部品を探して購入し、交換を行ってください。

各部品を締め直してみる

ナットやボルトなど、絞めることができる部品をそれぞれ締め直してみてください。
部品が緩んでいると水漏れの原因となってしまい、トイレを使用するたびに床が水浸しとなってしまいます。
部品が緩んでいないかをよくチェックし、必要に応じて締め直して様子を見てみましょう。

元栓を閉め直す

水漏れの原因が「ウォシュレット」の場合は、「元栓」を閉め直すことで改善できる場合があります。
一度元栓を確認し、元栓が開きすぎていないかチェックしてみてください。仮に元栓を閉め直しても水漏れが改善されない場合はパッキンやウォシュレット本体が劣化していることが考えられますので、各部品を交換してください。

素直に業者に依頼する

作業に不慣れな方は、素直に業者に依頼してトイレの水漏れを解決しましょう。
安易に自己判断で対応してしまうと、状況がより悪化してしまう可能性があり、あまりおすすめできないのが事実です。
作業に不安を感じる方は、水回りの専門業者に依頼しましょう。

トイレと床の間からの水漏れはスピーディーな対処が大切!

トイレと床の間からの水漏れは、スピーディーに対処することが大切です。解決までに時間がかかってしまうと、トイレや床が傷んでしまうだけでなく、最悪の場合それぞれ「交換」「張替え」が必要となってしまいます。
トイレと床の間からの水漏れにお悩みの方は、本ページを参考にしながら、適切に対処を行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました