お風呂場から水漏れが起きた際に、対処法が分からず混乱してしまったという経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
水漏れが発生した場所によって原因が異なるため、適切な対処法を知っておくと迅速な修理ができます。

そこで本記事では、お風呂が水漏れを起こした場合に考えられる原因や、自分でできる応急処置の方法などを紹介します。
お風呂の水漏れを直したいという方は、ぜひ最後までご覧ください。

お風呂が水漏れを起こす原因

お風呂の水漏れをスピーディーに直すためには、まずは発生場所や原因を明確にすることが大切です。
浴室内の発生場所から分かる、水漏れの主な原因は以下のとおりです。

発生場所①蛇口

蛇口からの水漏れは、蛇口の接続部分に問題が生じている可能性が高いです。
ハンドルやレバー、パイプのつなぎ目など、蛇口にはさまざまな接続部分があるため、どこが水漏れを起こしているのかをよく確認しましょう。

また、蛇口からの水漏れは、接続部分のナットを締めなおすことで、改善されることが多いです。
ナットを締めなおしても水漏れが改善されない場合は、接続部分のパッキンが劣化している可能性があります。

発生場所②シャワーヘッドやシャワーホース

シャワーヘッドやシャワーホースは、劣化しやすい部品の1つです。
蛇口を閉めても水が滴り落ちる場合は、シャワー水栓内部のバルブが損傷している可能性を疑いましょう。

発生場所③換気扇

水周りの設備だけではなく、壁や天井に設置されている換気扇から水漏れが起きることもあります。
換気扇から水が漏れる原因は、浴室内の水蒸気が換気扇に溜まることや、雨水が入り込んでいることなどです。
これらの原因によって水漏れが発生している場合は、換気扇の掃除をすることで解消されます。

発生場所④浴槽

浴槽からの水漏れは、浴槽周りの器具や浴槽自体が破損していることが原因となっている可能性が高いです。
浴槽にお湯を溜めるためのゴム栓が破損したり、摩耗したりすることで水漏れを起こす場合があります。
また、浴槽自体が破損している場合は、個人で修理することは難しいため、専門の修理業者に依頼しましょう。

発生場所⑤床下や壁

床下や壁からの水漏れは、床下排水管の外れや破損などによるもので、自分では原因を特定することが難しいです。
また、修理も大規模なものになってしまうため、床下や壁から水が漏れている場合は専門の業者に相談しましょう。

自分でできる水漏れの応急処置

ここからは、上記で紹介した水漏れの原因に対して、自分でできる応急処置のやり方を紹介します。

方法①止水栓を閉める

シャワーヘッドや蛇口の水漏れを修理する際は、まず止水栓を締めて、水の流れを防ぎましょう。
水が流れる状態を放置すると、水道代がかかるだけではなく、浴室内のカビの繁殖に繋がります。

また、蛇口の本体に止水栓が取り付けられている場合は、止水栓を締めることで一時的に水漏れを止められます。

方法②製品や部品を取り換える

水漏れの原因となっている製品や部品の、交換作業の難易度が低く、市販されているという場合は、個人で水漏れを直すことも可能です。

たとえば、シャワーヘッドが破損した場合やシャワーホースに穴が空いた場合は、市販されている製品と取り換えることで、水漏れを改善できます。
また、シャワーヘッドやシャワーホースの破損が軽微なものであれば、防水テープを巻くことでも補修が可能です。

ほかにも、パッキンの劣化が水漏れを引き起こしている場合は、新品のパッキンと交換することにより、水漏れを軽減できるでしょう。

業者に修理を依頼したほうがよいケース

水漏れの原因によっては、個人での解決が難しい場合もあります。
以下に、専門の業者に修理を依頼したほうがよいケースをまとめました。

ケース①水漏れしている場所が分からない場合

水漏れしている場所がわからない場合は、個人で解決しようとせずに、速やかに業者に依頼しましょう。

水漏れを自分で直そうとした結果、逆に悪化させてしまったということは避けたいですよね。
修理の専門の業者は、水漏れの原因の特定から修理までまとめて対応してくれるため、自分で修理が難しいと判断した際は速やかに連絡しましょう。

ケース②床下や壁から水漏れしている場合

床下や壁からの水漏れは、大掛かりな修理になる可能性が高いため、基本的に自分で直すことはできません。

また、修理業者に依頼する際は、スムーズに修理が進められるように、止水栓を締めて水が流れない状態にしましょう。

お風呂の水漏れは原因を特定したうえで専門の業者に修理を依頼しましょう

いかがでしたでしょうか。

お風呂の水漏れは、ゴム栓や浴槽自体の破損、パッキンの劣化など、さまざまな原因が考えられます。

修理に必要な部品を購入すれば、自分で水漏れを直すことも可能です。
ただし、水漏れの原因が分からない場合や、大がかりな修理が必要になる場合は、無理に修理をしようとせずに専門の業者に依頼しましょう。

また、今回紹介した方法はあくまで応急処置のため、再度水漏れが起きる場合もありえます。
水漏れが再発する前に、専門の業者に依頼してきちんと直してもらいましょう。

東京水道センターでは、水漏れの際の見積もりを無料で行っております。
水漏れでお困りの方は、ぜひ東京水道センターまでご連絡ください。

タイトルとURLをコピーしました