マンションの給湯器が水漏れした際の対処方法について解説

マンションで給湯器から水漏れトラブルが発生し、対応がわからず困ってしまうケースがあります。
「何から手をつければ良いのかわからない」「どこに連絡すれば良いの?」と悩んでいる方のために、マンションの給湯器から発生した水漏れトラブル対策について解説します。基本的な対処法を知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

マンションの給湯器が水漏れした際の対応手順

マンションの給湯器から水漏れが発生している場合、以下の手順で対応します。

水漏れ状況について確認

給湯器の中でも配管やパッキンなど、どこに原因があるのかを確認します。水漏れが発生したり止まったりすることがあれば、水が漏れている際の様子を確認できる動画を撮影しておきましょう。

管理会社へ連絡

自分で勝手に修理業者を手配するのではなく、先に管理会社に連絡が必要です。共用部分であるガス管や水道管の修理が必要になるケースもあるので、必ず連絡しましょう。

応急処置をする

修理業者が来るまでの間に自分でできる応急処置を行っておきます。やり方は後述するのでそちらを参考にしてみてください。

専門業者による修理

マンションの管理会社に確認してもらってから修理を行うことになります。自分で手配が必要なケースもあれば、手配してもらえるケースもあるので確認してみてください。賃貸である場合は、連絡をした際に修理業者を手配してもらえることが多いです。

業者依頼前に対応しておきたいこと

修理業者が来るまでの間に、自分でできる対処をとっておきましょう。まず、ガス管を確認して、ガス栓を閉めなければなりません。水が流れっ放しになっているのであれば、止水栓を閉めることによって止めることができます。
止水栓を閉めることができないようなケースでは、水道の元栓を閉める方法も検討が必要です。

それから、給湯器の中にも浸水しているようなケースでは、そのままにすると漏電が起こる可能性があるので、電源プラグを抜いておきましょう。冬場は凍結の可能性があるため、先に給湯器と配管の水抜きをしておいた方が良いです。
対処法についてわからないことがあれば、適当に行ってしまうのではなく、管理会社や修理業者に確認した方が安心できます。

マンションの給湯器の修理費用の負担先はどこ?

修理費用については、賃貸マンションの場合は管理者が、分譲マンションの場合は自己負担となります。ただし、賃貸でも故意に破壊したようなケースでは自己負担なので注意しましょう。
また、どちらら費用を払うかは契約内容によっても変わるので、確認が必要です。自分で費用を負担する場合、修理費用のほかに交換費用が必要です。以下を参考にしてください。

修理費用相場
・電装系…約7,000~45,000円
・安全装置…約7,000~38,000円
・水量制御系…約9,500~38,000円
・燃焼系…約14,000~43,000円

給湯器を交換しなければならない場合、その費用もかかります。16号など小さいものであれば商品代金は10万円以下に抑えられるケースもありますが、工事費も含めると10万円以上になることも多いです。大型のものになるほど高い費用がかかるので、事前に確認しておきましょう。

早急に正しい対処が必要

マンションで給湯器から水漏れが発生した際の対処について解説しました。特に水漏れの量が多い場合は、すぐに対処しないと水道代が高くついてしまうので、今回ご紹介した方法で対処してみてください。

タイトルとURLをコピーしました