賃貸物件でトイレの水漏れが起きた時の対処方法

賃貸物件のトイレが水漏れして困っていませんか。まずは水漏れを何とかしたいですよね。お困りの方のために、トイレで水漏れが生じたときの対処法を紹介します。さらに、修理にかかる費用負担についても紹介します。以下の情報を参考にすれば、賃貸物件のトイレで起きた水漏れに対処できるはずです。落ち着いて対処してください。

賃貸のトイレで水漏れが発生した時の対応の流れ

賃貸物件のトイレで水漏れが発生した場合、以下の流れで対処します。

止水栓を閉める

水漏れを止めるため、最初に止水栓を閉めます。止水栓は、水の供給をストップする、あるいは水の量を調整する栓です。トイレの壁や床などに設置されていることが多いようです。マイナスドライバーなどで止水栓を閉めれば水は止まるので、被害の拡大を防げます(水が止まらない場合は、排水管の破損などが考えられます)。

賃貸契約書を確認

次に、賃貸契約書に記載されている、物件内で不具合が起きたときの対応を確認します。トイレの水漏れが発生したときは、この取り決めに従い行動しましょう。通常、大家さんや管理会社へ連絡することになっているはずです。基本的には、大家さんや管理会社へ連絡して、対処法を確認することになります。

賃貸のトイレ修理にかかる費用はだれが負担する?

賃貸のトイレ修理にかかる費用は、大家さん・管理会社または入居者が負担します。経年劣化や一般的な使用の範囲で起きたトイレの水漏れは大家さん・管理会社負担、故意や過失で起きたトイレの水漏れは入居者負担となります。不注意でトイレの水漏れが発生したときは、入居者負担になると考えておけばわかりやすいかもしれません。

大家さんや管理会社へ連絡せずに自分で修理した場合や、自分で修理しようとして状況を悪化させた場合は、水漏れの原因が経年劣化などであったとしても入居者負担になることがあるので、慎重に対処しましょう。原因を問わず、まずは大家さん・管理会社へ相談すると、このような事態を防げるはずです。

自己負担で修理をする場合にかかる費用相場

自己負担でトイレの水漏れを修理する場合にかかる費用は、水漏れの原因で異なります。

配管接続部のゴム製パッキンの劣化などが原因のときは、パッキンを交換するだけで修理できる可能性があります。この場合の費用は、~1,000円程度です。

配管をつなぐナットが緩んでいるときは、ナットを締め直すことで修理できる可能性があります。自分で修理する場合、モンキーレンチが必要です。モンキーレンチは1,000円前後で購入できます。

便器内に水が流れ続ける場合は、フロートバルブ(タンク内の白い浮き球)の故障が考えられます。タンクを開けて、フロートバルブの位置を調整するとよいかもしれません。位置の調整だけで直れば、費用はかかりません。

トイレが水漏れする原因は他にもあります。配管が破損している場合やタンクが破損している場合は、修理業者への依頼が必要です。無理をして修理すると、修理費用が自己負担になるかもしれません。大家さん・管理会社へ相談しましょう。

賃貸物件のトイレが水漏れしたときは大家さんなどに相談

賃貸物件のトイレが水漏れしたときは、止水栓を閉めてから大家さんや管理会社へ相談しましょう。この作業を怠り自分で対処すると、経年劣化や一般的な使用の範囲で起きた水漏れであっても、修理費用を自己負担することになるかもしれません。また、自分で修理して状況を悪化させた場合も同じです。修理はできるだけ専門の業者に任せましょう。

タイトルとURLをコピーしました