洗面台のつまりを重曹を使って解消する方法をご紹介

洗面台で発生しやすいトラブルが排水のつまりです。
「流れが悪くなって困っている」「簡単な方法で対策をとりたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。そこで、重曹を使った解消法についてご紹介します。
手軽に試せる方法で洗面台のつまりを解消したいといった方はぜひ参考にしてみてください。

洗面台の排水が悪くなる原因

洗面台の排水が悪くなる大きな原因は、髪の毛やせっけんカス、皮脂、小物類などによるものです。髪を洗面台でセットしたり、シャンプーしたりすると髪の毛が抜け落ちてしまい、抜けた髪の毛の同士が絡まることでつまりやすくなります。
また、洗顔や手洗いをする際には洗顔料やせっけんを使いますが、水に溶けきらなかった成分が排水管にたまり、流れを悪くしてしまうのです。
それから、うっかりヘアゴムやアクセサリー、ヘアピンなどを落としてしまうと、配水管につまり、流れを悪くしてしまいます。

洗面台の排水口のつまりを重曹で解消

排水口がつまってしまった際、試したいのが重曹を使った方法です。用意するのは、重曹100~200g、その半量にあたるお酢と、40~50℃ほどのお湯です。
やり方はとても簡単で、排水口に重曹をふりかけてからお酢を流し入れます。すると、ブクブクと泡が出てくるので、この状態で30分から1時間ほど放置してください。時間が経過してからぬるま湯を流して完了です。
発砲する際に二酸化炭素が発生するため、換気するのを忘れないようにしましょう。

また、熱いお湯を流してしまうと洗面台が割れてしまう可能性があるので、ぬるま湯を使うことが重要です。お酢の臭いが充満するのが嫌な方は、クエン酸でも行うことができます。
重曹や酢は高価なものを使う必要はないので、100円ショップで販売されているものから試してみてはいかがでしょうか。

ただし、重曹を使った方法で100%洗面台のつまりを解消できるとは限りません。実践してみたものの解消されない場合は、専門業者に修理を依頼することについても検討してみてください。

洗面台のつまり予防にも重曹を活用する

洗面台が本格的につまってから慌てて対応するよりも、普段からつまりを予防するための対策を取っておくのがおすすめです。この時にも重曹が役立ちます。
前述した方法を定期的に行い、つまりを予防するのに役立ててみてください。洗面台のお掃除をするついでに行うのがおすすめです。また、何となく排水されにくくなってきたと感じたタイミングで実践してみるのも良いでしょう。

洗面台がつまる原因を解消することも重要

定期的に重曹とお酢でお掃除をするのも良いのですが、洗面台がつまる原因を確認し、それを解消しておくことも重要です。例えば、洗面台で髪の毛を洗う習慣があり、それが原因で髪の毛がつまっているようであれば、網状のフタを導入するなど検討してみましょう。
お使いの洗面台によって排水口の大きさが異なるので、確認したうえで購入してください。

重曹を使った方法は簡単で実践しやすい

洗面台がつまる原因や、重曹を活用した解消法についてご紹介しました。本格的に排水できなくなってから試しても効果は薄いのですが、準備するものも少なく、低コストで挑戦できる方法なので、洗面台のつまりが発生した際には、一度重曹を使った方法を試してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました