トイレットペーパーが原因のトイレのつまり解消法とは

トイレットペーパーを流したところ、トイレがつまって焦っていませんか。水が流れないと用を足せないので困りますよね。本来であれば水に溶けるはずのトイレットペーパーがなぜつまるのでしょうか。トイレがつまる原因と、誰でも試せる簡単な対処法を紹介します。お困りの方は、参考にしてください。

トイレットペーパーでトイレのつまりが起きる理由とは

トイレットペーパーでトイレがつまる原因として、以下のものが考えられます。

トイレットペーパーの使用量が多すぎる」

トイレットペーパーの使用量が多すぎると、トイレはつまってしまいます。トイレがつまる理由は、排水口に対し流す量が多すぎるからです。ダブルのトイレットペーパーであれば半ロール程度、シングルのトイレットペーパーであれば1ロール程度でつまる恐れがあります。ダブルのトイレットペーパーは特につまりやすいので、注意が必要です。

水圧不足」

水圧不足でも、トイレはつまる恐れがあります。大便を小レバーで流そうとした場合や節水目的でトイレタンクにペットボトルを入れている場合などに起こりやすいトラブルです。大便は、通常の大レバーで流しましょう。

外国製のトイレットペーパーを使用」

外国製のトイレットペーパーの中には、水に溶けないものがあります。このようなトイレットペーパーを流すと、トイレはつまる恐れがあります。

トイレつまりの原因がトイレットペーパーであるケースの対処法

トイレットペーパーがつまった場合、次の対処法を試してみるとよいでしょう。

そのまま放置する」

最初の対処法として挙げられるのが、そのまま放置することです。日本国内で使用されているトイレットペーパーは水に溶けやすいので、時間が経つと流れる可能性があります。時間に余裕がある場合は、2~3時間程度放置して様子を見るとよいでしょう。

ぬるま湯で溶かす」

次に試したいのが、ぬるま湯でトイレットペーパーを溶かす方法です。以下の方法で行います。

1. バケツなどを用意して、便器に溜まっている水をかきだす。
2. バケツに水を汲んで、高い位置から排水口に向かって注ぐ。
3. 2でもつまりが解消しない場合は、バケツにぬるま湯を用意する。
4. 2の水をかきだして、3のぬるま湯を高い位置から便器の排水口に向かって注ぐ。
5. 1時間程度、放置する。
6. 便器に水をゆっくり注いで、つまりが解消したことを確認する。

陶器製の便器に高温のお湯を注ぐと、ひび割れる恐れがあります。使用するお湯は、40~60度程度にとどめましょう。

ラバーカップを使用」

自宅にラバーカップ(スッポン)がある場合は、ラバーカップでもつまりを解消できる可能性があります。使用方法は以下の通りです。

1. 便器の排水口を覆うようにラバーカップをセットする。
2. 便器内の水がカップより上にあることを確認する(足りない場合は水を注ぐ)。
3. ラバーカップを便器に押し付ける。
4. ラバーカップをまっすぐ引き抜く。
5. 3と4の動作を何度か繰り返す。

つまりの解消は、便器に水をゆっくり注いで確認しましょう。

トイレットペーパーのつまりを予防するには

最後に、トイレットペーパーによるつまりを予防する方法を紹介します。

トイレの洗浄機能を使用する」

使用するトイレットペーパーの量が多くなると、トイレはつまりやすくなります。トイレの洗浄機能を利用して、使用するトイレットペーパーの量を減らすとよいでしょう。

複数回に分けて流す」

1度に流すトイレットペーパーの量が多くなると、トイレはつまりやすくなります。大量のトイレットペーパーを使用する場合は、複数回に分けて流しましょう。

トイレのつまりはトイレットペーパーの使用量が原因かも

トイレットペーパーの使用量が多すぎる、水圧が不足しているなどの理由で、トイレはつまります。これらによるトイレのつまりは、放置することやぬるま湯を流すことなどで解決できる可能性があります。もし紹介した対処法でつまりが解消しない場合は、他の原因が潜んでいるかもしれません。トラブルが大きくなる前に、つまり修理の業者へ相談しましょう。

タイトルとURLをコピーしました