トイレウォシュレットの水漏れ原因は?対処法についても解説

「トイレのウォシュレットからポタポタ水が垂れている」「ウォシュレットから水漏れしている」など、トイレのウォシュレットの水漏れが起きると慌ててしまうものですよね。
万が一トイレのウォシュレットから水漏れが起きた場合は、すぐに対処しないと更なるトラブルを招いたり、早期対処しなかったことによる「大規模修理」が必要となってしまうことがあります。
そこで、今回はトイレのウォシュレットの水漏れ原因や対処法について、詳しく解説します。

トイレのウォシュレットの水漏れってどんな症状?

一口に「ウォシュレットの水漏れ」といっても、具体的な症状は様々です。
具体的には、下記のような症状がよく見られます。

・洗浄ノズル(水が噴射される部分)から水漏れしている
・ウォシュレットの横から水漏れしている
・ウォシュレット設置部分(便座裏)から水漏れしている
・配管類、パイプ類から水漏れしている
・ウォシュレットの操作パネルから水漏れしている

ウォシュレットの水漏れの症状は主に上記の5つです。
状況や環境によっては例外となる症状もありますが、ほとんどはウォシュレット周辺から水漏れしているケースとなります。
上記の通り、具体的な症状は様々なので、ご自宅のトイレの状況と照らし合わせてみてください。

トイレのウォシュレットの水漏れ原因は?

トイレのウォシュレットの水漏れ原因は、下記の通りです。

・部品の故障や劣化
・部品のゆるみ
・設備の不具合

部品が問題を抱えていたり、ウォシュレットそのものに不具合が発生していたりすると、水漏れが発生してしまう場合が多いです。
まずは、ウォシュレット周辺だけではなく、トイレ周辺の部品などをチェックし、問題がないかを確認してみてください。

トイレのウォシュレットの水漏れ対処法

もしもトイレのウォシュレットが水漏れしたらどうすれば良いのでしょうか。
ここからは、効果的な対処法について解説します。

部品を交換する

トイレのウォシュレットの水漏れ原因が「部品の劣化」「部品の破損」などである場合は、部品を交換しましょう。
バルブやナット、配管、パイプなどはホームセンターもしくは通販で購入できます。トイレのメーカーでも販売していますので、自宅のトイレの規格に合った部品を購入し、交換を行いましょう。

ウォシュレット本体を交換する

ウォシュレットの本体が問題を抱えている場合は、思い切って本体を交換するという手もあります。
ウォシュレットを交換する場合、高額な費用が発生しますが、その後長く快適にトイレを使用できるようになりますので、おすすめの対処法といえます。
可能であれば、ウォシュレット本体の交換を検討してみてはいかがでしょうか。

部品を締め直す

部品にゆるみが生じている場合は、一度締め直してみることで解決できることがあります。
部品のゆるみは水漏れの原因の一つ。放置しているとさらに部品がゆるみ、水漏れの量も多くなってしまいます。
ただし、部品を閉めすぎると配管を傷めたり、破裂してしまうリスクがありますので「適度に絞める」を意識して作業を行ってください。

トイレのウォシュレットの水漏れはすぐに解決を

トイレのウォシュレットから水漏れが発生した場合は、必ずすぐに解決しましょう。
対処を先延ばしにしていると、トイレの故障につながり、大規模な修理やリフォームが必要となってしまう可能性があります。思いがけずに高額な出費となる場合もありますので注意してください。
また、今回ご紹介した作業内容に不安がある方は、むやみに自分で行わず、専門業者に依頼することもおすすめです。
自分に適した方法で、トイレのウォシュレットの水漏れを解決しましょう。

タイトルとURLをコピーしました