排水管や排水口は、日常生活で使用した排水を流すために重要な役割を担っています。
しかし、そんな排水管や排水口でつまりや水漏れといったトラブルが発生すると、日常生活に支障が出てしまうため、原因を把握することが大切です。

そこで今回は、排水管や排水口でつまりや水漏れが発生する原因を紹介します。
排水管や排水口のトラブルを速やかに解決したいとお考えの方は、ぜひ最後までご覧ください。

排水管や排水口でつまりや水漏れが発生する原因

ここからは、排水管や排水口でつまりや水漏れが発生する主な原因を紹介します。

排水管や排水口でつまりが発生する主な原因

排水管や排水口でつまりが発生する主な原因は、髪の毛や石けんカス、油汚れ、そして異物が排水管や排水口に溜まっていることです。

排水管や排水口でつまりが発生すると、コポコポといった音がする場合や、水はけが悪くなる場合があります。
さらに、つまりが悪化すると、排水口からの悪臭や排水の逆流などが発生するおそれがあるため、できるだけ早く専門業者に相談することをおすすめします。

排水管や排水口で水漏れが発生する主な原因

排水管や排水口で水漏れが発生する主な原因として、配水管や排水口でつまりが発生している場合や、排水管の接合部で緩みが生じている場合などが挙げられます。
また、排水管自体が破損や経年劣化している場合も、排水管や排水口で水漏れが発生する原因の1つです。

排水管や排水口で水漏れが発生している場合、シンク下の収納スペースに水たまりができている可能性やカビが発生している可能性もあります。

また、本来排水されるはずの水が漏れていることから、排水管や排水口から悪臭が発生してくるかもしれません。
そのため、排水管や排水口で水漏れが発生した際は放置せずに、速やかに専門業者に連絡しましょう。

排水管や排水口のトラブルを防止するためにできる普段のお手入れ方法

排水管や排水口でつまりや水漏れの発生を防止するためには、普段から水回りを適切に使うことが大切です。

お風呂では、髪の毛を排水口にできるだけ流さないようにすることや、身体を洗うために大量の石けんを使用しないことを心がけましょう。
お風呂の排水口に使い捨てのネットを設置すると、髪の毛や石けんカスが排水管に流れにくくなるだけではなく、掃除の手間も省けます。
特に、お風呂では歯磨き粉の蓋やカミソリのキャップなどを排水口に流してしまうと、排水管がつまるおそれがあるため危険です。

キッチンでは、料理に使用した油をそのまま排水口に流さずに、油が冷めたあとにペーパータオルや新聞紙に油を吸わせて処分しましょう。
くわえて、キッチンでは生ごみといった異物を、排水口に誤って流してしまうと、排水管がつまる原因になるため注意が必要です。

また、排水管の接合部に緩みがないかどうかを確認するといった、定期的なメンテナンスを行うこともおすすめします。

排水管や排水口のトラブルを防ぐためにディスポーザーを設置するメリット

ディスポーザーを設置することも、排水管や排水口でつまりや水漏れといったトラブルの発生を防ぐための方法として挙げられます。

ディスポーザーとは、キッチンのシンク下に設置可能な生ごみ粉砕機のことです。
ディスポーザーに野菜くずなどの料理の際に出た生ごみを投入すると、内部に搭載されたモーターが生ごみを細かく粉砕します。

ここからは、排水管や排水口のトラブルを防ぐためにディスポーザーを設置する3つのメリットを紹介します。

メリット①悪臭の発生を防止できる

悪臭の発生を防止できることは、ディスポーザーを設置するメリットの1つです。
ディスポーザーは、料理の際に出た生ごみをすぐに処理できるため、生ごみ特有の悪臭を防げます。

ディスポーザーが生ごみを粉砕するため、排水管や排水口からの嫌な臭いがなくなり、生ごみが排水管につまることもないため、快適に生活できるでしょう。

メリット②掃除が楽になる

掃除が楽になることも、ディスポーザーを設置するメリットです。

生ごみを処分するためには、生ごみをごみ袋やシンクに設置した三角コーナーに、料理のたびに捨てなければなりません。
ディスポーザーを設置すると、生ごみを投入するだけで処分が終わるため、キッチンの掃除の手間が省けます。

また、掃除の際に生ごみを誤って排水口に流してしまい、排水管がつまるといったトラブルも防げるでしょう。

メリット③害虫の発生を減らせる

ディスポーザーを設置するメリットとして、害虫の発生を減らせることも挙げられます。

ディスポーザーがあることで生ごみが溜まることがないため、コバエやゴキブリといった害虫の発生を減らせます。

特に、夏場は生ごみによって害虫が発生しやすい環境であるものの、ディスポーザーがあれば害虫の発生を減らせるため、清潔な状況を保てるでしょう。

排水管や排水口のトラブルを修理するための料金

排水管や排水口でつまりや水漏れといった水回りのトラブルが発生した場合、修理にかかる料金は状況によって異なります。

東京水道センターでは、基本料金の5,500円(税込)に材料費をくわえた料金で見積もりを出させていただきます。
なお、見積もりの料金は状況によって変動する可能性がありますが、見積もりのあとにキャンセルされた場合でも料金はかからないためご安心ください。

自力で排水管や排水口のトラブルの修理を行うと、状況が悪化してしまうおそれがあるため、速やかに専門業者に相談しましょう。

排水管や排水口のトラブルを修理するための出張費用や見積もりの料金

東京水道センターでは、修理のための出張費用や見積もりの料金が発生することはありません。
そのため、排水管や排水口でつまりや水漏れが発生した場合でも、安心してご相談いただけます。

くわえて、365日、緊急な場合も対応できる体制を整えているため、トラブルが発生しても迅速に対応可能です。

排水管や排水口のトラブルの修理にかかる作業時間

排水管や排水口でつまりや水漏れといったトラブルが発生した場合、修理にかかる作業時間は、トラブルの原因や破損した部品によって異なります。
なぜなら、トラブルの内容によって対処方法や準備する道具が変わるためです。

正確な作業時間を知るためにも、できるだけ早く専門業者に状況を確認してもらうことをおすすめします。
東京水道センターでは、スピーディーに対応を行うだけでなく、経験豊富で一流の技術をもったスタッフが作業を行うため、安心してご依頼いただけます。

東京水道センターの対応エリア

東京水道センターは、関東圏内を中心に水回りのトラブルに対応しています。
東京水道センターの対応エリアを、以下の表にまとめました。

東京水道センターの対応エリア

地域  詳細 
東京23区  足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、豊島区、中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区 
東京都  狛江市、西東京市、三鷹市、武蔵野市、調布市、国分寺市、国立市、小金井市、小平市、立川市、日野市、府中市、東久留米市、西東京市 
神奈川県  横浜市、川崎市全域対応 
埼玉県  さいたま市、川口市、草加市、戸田市、和光市、蕨市、志木市、新座市、朝霞市、ふじみ野市 
千葉県  市川市、浦安市、船橋市 

交通事情によるものの、最短30分で向かうことができますので、上記の対応エリアにお住まいの方で水回りのトラブルが発生した際は、ぜひ一度お問い合わせください。

排水管や排水口でつまりや水漏れが発生した場合は原因を把握して適切に対応する

いかがでしたでしょうか?

排水管や排水口でつまりが発生する原因は、髪の毛や石けんカス、油汚れ、そして異物が溜まっていることです。
また、排水管や排水口で水漏れが発生する原因として、配水管や排水口でつまりが発生している場合や、排水管の接合部で緩みや排水管自体の破損が生じている場合が挙げられます。

排水管や排水口のトラブルを放置すると、排水口からの悪臭や排水の逆流が発生するおそれがあるため、速やかに専門業者に相談しましょう。

排水管や排水口でつまりや水漏れといった、水回りのトラブルに不安を感じるという方は、専門業者に相談すると安心です。
東京水道センターでは、365日対応可能ですのでお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました