給湯器の水漏れの原因と対処法について解説

日本全国に流通している給湯器には、「安全性に優れたシステム」や「壊れにくい構造」などが採用されています。しかし、なかには、少なからずトラブル発生事例や給湯器の設置にともなうリスクなども存在します。

ここでは、給湯器の水漏れトラブルにフォーカスを当てたうえで、具体的な原因や対処方法などを解説します。

給湯器から水漏れする原因とは

給湯器から水漏れする原因を突き止めることは、給湯器本体の寿命延長や安全性の確保などにつながります。給湯器から水漏れする原因の具体例については以下のとおりです。

■経年劣化からくる水漏れ
■給湯器本体に設置されている配管の凍結
■設置時の工事・取り付けミス
■内部の圧力が上がることによる水抜き栓からの水漏れ
(長期間使用しなかったとき など)

給湯器の水漏れトラブルには、さまざまな種類の原因や人的ミスが大きく関わっています。また、給湯器の水漏れトラブルを放置した結果、給湯器本体に致命的なダメージを与えてしまう危険性も十分に考えられます。

自宅の給湯器を安全かつ長年にわたり愛用し続けるためにも、給湯器にまつわるトラブル事例や各種原因などを把握しておきましょう。

給湯器の水漏れへの対処方法

安全・安心な給湯器の使用を実現させるためにも、あらかじめ給湯器の水漏れを発見した場合の正しい対処方法をリサーチしておくことが大切です。給湯器の水漏れにまつわる正しい対処方法については以下のとおりです。

■給湯器の運転をストップする

■水漏れ箇所を確認する

■水抜き栓から水が漏れている場合はお湯を出してみる
■給湯器本体または配管接続部からの水漏れの場合は給水元栓を閉める

■給湯器修理の専門業者に連絡する

給湯器の耐用年数については、一般的に約7~10年程度だといわれています。そのため、給湯器を購入してから10年以上経過している場合は、給湯器本体の買い替えも視野に入れておきましょう。

専門業者への修理依頼がおすすめ

給湯器の修理およびメンテナンス工程には、さまざまな種類の危険要素が潜んでいます。また、とくに注意すべきポイントのひとつが、給湯器の修理にともなう一酸化炭素中毒の危険性です。

一酸化炭素とは、ガスの不完全燃焼により発生する有毒ガスの一種となります。一酸化炭素の吸引は、重度のめまいや吐き気を誘発させる危険性があります。また、場合によっては、命を落としてしまう恐れも十分に考えられるのです。

そのため、給湯器の水漏れや機械トラブルなどを発見した場合は、自ら修理を行うのではなく、必ず専門業者に修理してもらいましょう。

また、専門業者に修理依頼を行うことは、さまざまな種類のメリットを得ることにつながります。専門業者への修理依頼にまつわる具体的なメリットについては以下のとおりです。

■迅速な修理を期待できる
■故障原因を把握できる
■部品の交換が必要な場合にも、臨機応変に対応してもらえる

給湯器が故障した際は、万が一の危険性を考慮したうえで、安心して任せられる専門業者に給湯器の修理依頼を行いましょう。

給湯器からの水漏れにともなう原因や対処方法などを理解しておこう

給湯器からの水漏れにともなう原因や対処方法などを理解・把握しておくことは、給湯器本体の耐用年数を引き延ばすことにつながります。また、給湯器の修理工程には、「一酸化炭素中毒を引き起こすリスク」や「重度のめまい・吐き気を催すリスク」など、命に関わる危険性も数多く潜んでいます。

そのため、給湯器の修理を検討する際は、給湯器にまつわる専門知識や豊富な修理実績を有している専門業者に任せることが重要だといえます。

タイトルとURLをコピーしました