トイレの水漏れ原因とその対処法をチェック


「便器内に水が漏れているけどどうして?」など、トイレの水漏れに困っていませんか。トイレの水漏れには、さまざまな原因・種類があります。原因が異なれば、症状や対処法も異なります。このページでは、トイレの水漏れの原因と対処法を解説しています。以下の情報を参考にすれば、目の前のトラブルにどう対処すればよいかがわかるはずです。

トイレの水漏れの主な原因は?

トイレで起こりやすい水漏れの症状とその原因は以下の通りです。

水漏れの症状 主な原因
止水栓付近から水漏れ ゴムパッキンの劣化
パイプのつなぎ目から水漏れ ナットのゆるみ
ゴムパッキンの劣化
便器内の水漏れ ゴムフロートの故障
便器から水漏れ 便器のひび割れ

ゴムフロートとは、タンクに設置されたゴム製のフタのことです。「便器に水を流す」、「タンクに水をためる」をコントロールしています。

トイレの水漏れは以上の原因などで起こります。

水漏れの原因別の対処法をチェック

トイレ水漏れの対処法は、原因により異なります。それぞれの対処法を見ていきましょう。

止水栓付近から水漏れ

止水栓から水漏れしている場合は、以下の流れで対処します。

1.家の元栓を閉める(止水栓ではなく元栓を閉めます)。
2.水受け用のバケツを下に設置する。
3.ウォーターポンププライヤーでナットを外す。
4.中に入っている三角パッキンを交換する(劣化している場合)。
5.突起を反時計回りに回してスピンドルを外す。
6.奥に入っているコマパッキンを交換する。
7.反対の手順で元の状態に戻す。

パイプのつなぎ目から水漏れ

ナットが緩んでいる場合は、ウォーターポンププライヤーでナットを締め直すことで対処できます。ゴムパッキンが劣化している場合は、以下の流れで対処します。

1.トイレの止水栓を閉める。
2.水受け用のバケツを下に設置する。
3.水漏れが起きている部分のナットを外す。
4.パッキンを取り出して交換する。
5.反対の手順で元の状態に戻す。

便器内の水漏れ

便器内の水漏れは、ゴムフロートを交換することで対処できます。基本的な流れは以下の通りです。

1.トイレの止水栓を閉める。
2.タンク内の水を排水する。
3.タンクのふたを外す。
4.ゴムフロートを外す。
5.新しいゴムフロートを取り付ける。
6.反対の手順で元の状態に戻す。

便器から水漏れ

便器がひび割れている場合は、便器の交換が必要です。自分で対処することは難しいかもしれません。

難しいと感じたらすぐに業者へ相談

トイレの水漏れは、以上の方法で対処できる可能性があります。ただし、誤った対処で状況を悪化させてしまうことがあるので、無理はしないようにしましょう。不安を感じる場合は、水回りの修理業者へ相談することをおすすめします。注意点は以下の通りです。

出張見積りをお願いする

急いでいるかもしれませんが、できるだけ出張見積りをお願いしましょう。現場を見せることで、正確な料金がわかります。また、業者の応対品質などもわかります。料金・応対品質などを確認しておけば、トラブルを防げます。

深夜・早朝は割増料金がかかる

水回りの修理業者の中には、24時間対応しているところがあります。とても便利ですが、深夜・早朝は割増料金がかかることが一般的です。深夜・送料に依頼する場合は、割増料金について確認しておきましょう。

トイレから水漏れする原因はさまざま|対処しきれないときは業者に相談

トイレはさまざまな箇所から水漏れします。症状が異なれば、原因も異なることがほとんどです。水漏れの原因を確認したうえで対処することが重要です。自分で対処できることもありますが、対処を誤ると状況を悪化させてしまうかもしれません。少しでも不安を感じる場合は、無理をせず水回りの修理業者に相談しましょう。安全かつ確実に、トイレの水漏れを直してくれるはずです。東京・神奈川・埼玉・千葉の水漏れは、出張お見積無料の東京水道センターへ相談してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました