洗面台のつまりの原因と解消のための掃除方法を解説

洗面台がつまり、水が流れないような状態になってしまった場合は早急に対応しなければ水漏れにつながってしまいます。なぜ洗面台がつまってしまうのかの原因と対策についてご紹介しましょう。
自分で対応できない場合は修理業者に依頼する必要がありますが、その場合の費用相場についても解説します。

洗面台のつまりの原因とは

洗面台のつまりは、大きく分けると排水口部分(ヘアキャッチャー)、その先にある排水トラップ、更にその先にある各部品のつなぎ目部分などに原因があるケースがほとんどです。
例えば、普段から洗面台でよく頭を洗う方は、髪の毛がつまりやすいので注意しましょう。また、手洗いなどをした際にせっけんのカスや手から剥がれ落ちた皮脂が流れて排水管内に付着し、そこに雑菌やヌメリが発生することによって髪の毛などがつまりやすい状態になることがあります。
ヘアピンやピアスなど、小さな物を落としてしまった場合もつまりが発生しやすくなるので注意しましょう。

それから、洗面台で嘔吐してしまった場合、これもつまりが発生する大きな原因になります。

洗面台のつまり解消のための掃除方法

洗面台のつまり解消のためには、まず簡単な掃除から行ってみて、効果がなければ更に本格的な掃除をすると良いでしょう。

排水口がつまった場合の対策

明らかに排水口に髪の毛やゴミなどが大量に付着している場合は、それを取り除くだけで効果が期待できます。ゴム手袋をして排水口の蓋とヘアキャッチャーを外したら歯ブラシなどで汚れを取りましょう。最後に塩素系漂白剤をスプレーし、しばらく時間をおいてから洗い流します。
また、排水口に重曹100gをかけてからお酢50mlを流して発泡させ、30分~1時間ほど放置してから40~50℃程度のお湯で洗い流す方法もあります。この時、二酸化炭素が発生するので十分換気をしましょう。材料などは100円ショップでも手に入るので、ぜひ試してみてください。

ラバーカップを使った方法

嘔吐して吐しゃ物がつまったり、固形物が残った状態でカップラーメンの残り汁を捨てたりしたなどの影響でつまった場合は、「すっぽん」という呼び名でも知られているラバーカップを使う方法が効果的です。
まずは、洗面器の上部にあいている穴をガムテープなどで塞いでおきましょう。続いてラバーカップを排水口にあててからラバーカップの上くらいまで水をためます。
続いてラバーカップをしっかりと押してカップの中の空気を押し出し、勢いよく引き上げましょう。何度か行うのが効果的です。

排水トラップの掃除

洗面台下の収納部分にある排水トラップやS字トラップと呼ばれる部分に原因が隠れていることもあります。曲がりくねっているため汚れが蓄積しやすい部位なのですが、曲がっている部分に開けられるタイプの蓋がついているものはそこを開けて割り箸や針金のハンガーなどで汚れを掻き出すことが可能です。
分解が必要なタイプは直せなくなると大変なので、業者に依頼したほうが良いでしょう。

洗面台のつまり対応を業者に依頼する場合の費用相場

自分で対応ができず専門業者に依頼する場合にかかる費用の相場としては、簡単な作業のみで済めば9,000円程度、高圧ポンプを使用するような場合は20,000円以上かかると考えておきましょう。
更に、高圧ポンプだけでは対応できず、高圧洗浄機を使うようなケースでは60,000円以上の費用がかかることがあります。状態を確認してもらえば作業前にどの程度の費用が発生しそうか判断してもらえるので、費用について確認してみてください。

定期的な掃除が大切

全く水が流れなくなってから対策しようとするよりも、定期的に掃除をして、つまらせないための対策をしておくことをおすすめします。つまりを防ぐための市販品もあるので、活用してみてはいかがでしょうか。
つまってしまった場合は今回ご紹介したような方法で対応してみてください。

タイトルとURLをコピーしました