キッチンのつまり解消法と予防策!原因を知ってしっかり対策しましょう

キッチンの水漏れの原因のうち、経年劣化(老朽化)とともに多い原因として「つまり」が挙げられます。

キッチンの使い方によってはつまりが日常的に発生し、栓のようになって水が流れなくなったり、大規模な作業を必要とするがんこなつまりになったりするおそれもあります。

ここでは、つまりの原因と解消法・予防策などについて紹介します。

キッチンのつまりの原因と解消法

キッチンのつまりの原因と対処法をそれぞれみていきましょう。

油脂

揚げ物などに使われる油やお肉から出た脂が固まると、排水管の中に溜まってしまいつまりの原因になります。

油をそのまま流すことは油脂によるつまりを引き起こし、その他の固形物と混じってさらにつまりが悪化するおそれがあるため、パイプクリーナーで定期的に溶かし洗いを行ってください。

食べもののかす

食べものの細かいくずが溜まると、排水管の中で流れにくくなったり、こびりついたりしてつまりを引き起こします。

食べかすは時間の経過とともに腐食もするので、悪臭の直接の原因になる可能性もあり得ます。

食べもののかすは必ずゴミとして捨てるか、細かい網状のキャッチで受け止め、排水口には流さないようにしましょう。

雑菌

酵母菌の一種である雑菌が繁殖すると、大きな塊となりつまりを引き起こすことがあります。

雑菌は排水管の中に入った食べかすや油脂などの固形物をエサにするほか、湿気で増殖するため、定期的な洗浄や除菌が必要になります。

人工の固形物

誤って流してしまった洗剤のキャップなどが排水口の中につまってしまうと、そこから先に水が流れなくなり、最悪の場合逆流現象を起こします。

また、野菜や果物についているシール、網などを知らないうちに流してしまったり、それ以外にも細かいものを流していて、それらが栓となってつまりの原因になることがあります。

石鹸かすなど

洗剤や石鹸のかすが溶けきらずに排水管の中に溜まると、つまりの原因になります。

油と同じくパイプクリーナーなどで定期的に洗浄することが予防策となります。

キッチンつまりの予防対策とは

キッチンのつまりの予防対策をみていきましょう。

キャッチをつける

排水口に直接ものが流れていかないように、専用のキャッチを取り付けましょう。ただしキャッチにヌメリがついたままだと雑菌が繁殖するので、こまめに掃除をして清潔に保ちましょう。

定期的に掃除をする

キッチンまわりは一定の間隔で掃除を行いましょう。

キッチンハイターのような漂白剤で除菌をするだけではなく、パイプクリーナー(排水管に影響のないもの)を使ったり、目視で確認できる範囲でつまりが出ていないかチェックすることも予防策になります。

キッチンのつまり解消を業者に依頼するメリット

キッチンのつまりが起きたときに頼りになるのが清掃業者や水道業者です。そのメリットをみていきましょう。

機器を使った洗浄や除菌が可能

頑固なつまりが発生しても、トーラーや高圧ポンプなどを使って確実に処理をしてもらえます。

つまりの原因を調査してもらえる

プロの業者はつまりの種類や原因をいくつも把握しており、それぞれについて調査・対応することができます。

早めの予防と相談がポイント

キッチンのつまりは定期的にチェック・予防することが大切ですが、自分で処理しきれない場合はすぐにプロの業者に相談をしましょう。

頑固なつまりほど逆流のおそれが高まるため、早期発見・早期対処を心がけてください。

タイトルとURLをコピーしました